戻る

不動産ニュース

不動産ニュース

市況や業界動向、不動産投資などの不動産に関する
最新のニュースをお届けいたします。

市況や業界動向、不動産投資などの不動産に関する最新のニュースをお届けいたします。

2018年04月02日

住宅着工2月、8カ月連続でマイナス

貸家9カ月続落、持家もリーマン後最低

 国土交通省は3月30日、2月の「建築着工統計調査報告」をまとめた。分譲住宅は増加したが、持家と貸家が減少し、全体で前年同月比2・6%減の6万9071戸。消費増税の反動減があった14年から15年にかけての12カ月連続減に次ぐ、8カ月連続での減少となった。貸家は同4・6%減の2万9420戸と9カ月連続の減少となったが、2月としてはリーマンショック以降では昨年に次ぐ水準を確保した。
 持家は同6・1%減の2万13戸と、リーマンショック以降の9年間で最少の戸数となった。うち、民間資金によるものは同6・2%減の1万7623戸。また、貸家のうち民間資金は同6・6%減の2万6606戸だった。分譲住宅は同3・4%増の1万9023戸と3カ月ぶりに増加。うち、マンションは同9・3%増の8267戸と増加した一方、一戸建て住宅は同1・3%減の1万560戸となった。三大都市圏のマンション着工をみると、同1・3%増の6500戸。うち、首都圏は大規模着工が前年より少なかった影響で同14・7%減の3925戸。一方、近畿圏は同46・0%増の2155戸、中部圏も同25・0%増の420戸と増加した。東京都は同43・1%減の2072戸。
 2月の建築物着工床面積をみると、全建築物の着工床面積は同2・5%減の1008万㎡。民間の非居住用建築物は、倉庫が同73・5%増となった一方、工場は同21・8%減、事務所は同24・7%減、店舗は同0・2%減となった。用途別では、製造業用が同24・7%減の84万㎡と最も大きく、関連では、不動産業用が同26・7%減の25万㎡、宿泊業用が同76・4%増の29万㎡。宿泊業用は5カ月連続での増加となった。

(提供:日刊不動産経済通信)

バックナンバー

市況・動向

TOPへ戻る