戻る

不動産ニュース

不動産ニュース

市況や業界動向、不動産投資などの不動産に関する
最新のニュースをお届けいたします。

市況や業界動向、不動産投資などの不動産に関する最新のニュースをお届けいたします。

2018年05月14日

三鬼商事、都心オフィス空室率2.65%

 三鬼商事がこのほど公表した東京都心5区の最新オフィスビル市況によると、4月の都心ビジネス地区5区の平均空室率は2.65%(前月比0.15ポイント低下)、平均賃料は1万9896円(前年同月比5.98%上昇、前月比1.00%上昇)となった。平均賃料は52カ月連続で上昇。
 4月は既存ビルの大型空室で成約の動きが見られ、大型解約や募集開始の動きは少なく、東京ビジネス地区全体の空室面積はこの1カ月間で約1万坪減少した。新築ビルの空室率は9.29%(前月比0.39ポイント上昇)、既存ビルの空室率は2.54%(前月比0.16ポイント低下)。平均空室率は渋谷区を除く4区で前月より低下し、平均賃料は全5区で上昇した。

(提供:日刊不動産経済通信)

バックナンバー

市況・動向

TOPへ戻る