憧れのブランドエリア

麻布十番エリアイメージ

洗練された大人の隠れ家 麻布十番エリア

洗練された“大人の隠れ家”として気品と人情とを併せ持つ街、麻布十番。各国大使館や高級住宅地のある元麻布と隣接し発展してきたことから、各国のレストランをはじめ国際色豊かなお店も多く、独特の雰囲気に包まれています。かつては大名に仕える奉公人が住んでいた街でもあり、元麻布などの高級住宅地とは対照的に、下町の雰囲気も感じられる生活に便利な街です。

洗練された大人の隠れ家 麻布十番

麻布十番商店街麻布十番商店街

平成12(2000)年の東京メトロ南北線「麻布十番」駅の開業まで、近隣に鉄道駅が無く、最寄りの駅からも1キロ以上の道のりを歩かなくてはいけなかったため、麻布十番エリアへの主なアクセス方法は車によるものでした。バブル期には、そんな容易にアクセスできなかった環境だからこそできた“隠れ家”的な雰囲気が逆に人気を呼ぶようになり、今日の独特の雰囲気に包まれる商店街へと発展していきました。

永坂更科付近永坂更科付近

諸藩の大名屋敷に仕える奉公人が住んだことや、善福寺の門前町であったこと、古川の水運を中心とした交通の要所であったことなどから、古くから庶民の街として発展して来た麻布十番。その頃より営業を続ける老舗と呼ばれるお店も多く、創業より200年以上にわたり親しまれているそば屋の「永坂更科」や、慶応元(1865)年創業の豆菓子「豆源」などは麻布十番を象徴するお店のひとつです。

麻布十番エリアのおすすめスポット

魅力あふれる麻布十番の街の、おすすめのスポットをご紹介します。
麻布十番商店街

麻布十番商店街

個性あふれるお店が軒を連ねている「麻布十番商店街」。童謡「赤い靴」のモデルとなった「きみちゃん」がすごした孤児院が麻布区(現在の麻布永坂町付近)にあったことからつくられた「きみちゃん像」は、商店街のシンボルとして親しまれており、母と子の愛の絆を願ってはじまった「きみちゃんのチャリティー」には、毎年多くの寄付が寄せられます。

鳥居坂と暗闇坂

鳥居坂と暗闇坂

歴史を物語る趣きある坂の多い麻布エリア。元麻布から「麻布十番商店街」へと向かう「暗闇坂」は、樹木が生い茂りまるで暗闇に包まれたような坂として記され、今もなお木々が頭上を覆ううっそうとした雰囲気が漂います。「鳥居坂」はかつて華族や財界の著名人の邸宅があった場所でもあり、静謐な雰囲気が漂っています。

麻布十番納涼まつり

麻布十番納涼まつり

麻布十番商店街振興組合が8月下旬に2日間にわたり開催する「麻布十番納涼まつり」。麻布の夏の風物詩とも呼べる一大イベントで、各国の観光客も多く訪れ国際色豊かな雰囲気に包まれます。十番大通り沿いは数多くの出店で賑わい、地元のブラスバンドによる演奏やチアリーディングの行進がさらなる熱気をもたらします。

住宅地としての麻布十番の魅力

三田一丁目付近三田一丁目付近

麻布十番商店街が下町の雰囲気を残す一方、隣接した元麻布などには多くの高級マンションが建っていましたが、最近では麻布十番周辺にもハイグレードな設備やサービスを誇るタワーマンションが多く建てられるようになりました。最新鋭の設備を兼ね備えたマンションと麻布十番商店街の利便性、このふたつを享受できる住まいが人気を集めています。


麻布永坂町付近麻布永坂町付近

そんな下町の雰囲気が広がる麻布十番周辺の中でも、ワンランク上の住宅街を形成している街が麻布永坂町と麻布狸穴町です。著名人が多く暮らしていることでも知られ、地図で見てもわかるほどの広大な敷地を有する邸宅が集まっています。住所表示の実施に伴う町名変更によって多くの“麻布”の名の付く地名が消滅した現在でも残るこの2つの地名は、麻布の地が培ってきた長い歴史を今に伝えています。

麻布十番エリアのおすすめマンション

記事中で紹介したスポットとおすすめマンションの位置を地図でご確認いただけます。

おすすめスポット …おすすめスポット 住宅地 …住宅地 おすすめマンション …おすすめマンション 営業センター …営業センター

麻布十番エリアの店舗情報

  • 店舗写真
  • 店舗マップ
  • 六本木営業センター
    TEL: 0120-988-282
    住所: 港区六本木3-16-26 ハリファックスビル 7F
    最寄り駅: 東京メトロ日比谷線 六本木駅
    営業時間: 9:30〜18:20
    定休日: 火・水曜日(土・日曜日、祝日も営業しております)
このページのトップへ
周辺の「憧れのブランドエリア」
周辺の「駅」情報
憧れのブランドエリア トップへ
  ※このデータは2013年09月現在のものです。 [本コンテンツの内容について] [住友不動産販売TOPへ]