憧れのブランドエリア

五反田

ソニーの城下町 五反田

池田山、島津山に象徴される高級住宅地として受け継がれてきた歴史とともに“ソニーの城下町”として発展してきた街、五反田。JR山手線、都営浅草線、東急池上線の3路線が利用できる駅周辺にはオフィスビルや飲食店が立ち並び、駅の南側には結婚式場を備えた複合施設「ゆうぽうと」や「TOCビル(東京卸売りセンター)」など、古くから地域に根ざした施設として親しまれてきたスポットもあります。

ソニーの城下町 五反田

「御殿山」付近「御殿山」付近

「五反田」駅周辺は、「大崎」駅周辺と並び大崎副都心に指定されており、駅前には飲食店や商業施設が立ち並び、日々の生活をより充実させてくれる環境に恵まれています。一方で、目黒川沿いの低地に位置している「五反田」駅とは対照的に、「池田山」と「島津山」、「御殿山」は“城南五山”と称される台地上に位置していて、駅前の喧騒を感じさせない良好な住環境となっています。

ソニー通りソニー通り

また、「五反田」駅の東側に位置している御殿山付近に、かつてソニーの本社があったことから、「五反田」駅から「新八ツ山橋交差点」にかけての道は、通称「ソニー通り」と呼ばれ、美しい景観が保たれた街並みが広がっています。本社は「品川」駅の港南口に移転しましたが、現在も御殿山周辺には「御殿山テクノロジーセンター」や「ソニー歴史資料館」などがあり、“ソニーの城下町”として発展してきた歴史を今に伝えています。

五反田エリアのおすすめスポット

魅力あふれる五反田の街の、おすすめのスポットをご紹介します。
池田山公園

池田山公園

「五反田」駅の北側、住宅地が広がる池田山の中腹に位置している「池田山公園」。「池田山」の名前の由来ともなった、備前岡山藩池田家の下屋敷跡を整備した区立公園で、回遊式の庭園が四季折々の自然の美しさを感じさせてくれます。約30メートルの高低差を生かした変化に富んだ景観は、地域住民にとっての癒しの場となっています。

レミィ五反田

レミィ五反田

2008(平成20)年4月にオープンした、東急池上線「五反田」駅直結の商業施設「レミィ五反田」。地下1階・地上8階のショッピングフロアには、ファッションや生活雑貨店のほか、書店の「ブックファースト」、スーパーマーケット「東急ストア」など充実したお店が揃っています。最上階の8階には飲食店もあり、ショッピングのついでに食事が楽しむこともできます。

アトレヴィ五反田

アトレヴィ五反田

2008(平成20)年3月にオープンしたJR「五反田」駅に隣接する駅ビル「アトレヴィ五反田」。5階建てのビルに入るテナントは全部で6店舗。1階には海外食材を多く扱う高級スーパーマーケット「成城石井」や、駅ビル初出店の生花店「レミルフォイユ ドゥ リベルテ」、2階〜6階には飲食店と、小型ながらもバリエーション豊かな店舗が揃っています。

住宅地としての五反田の魅力

東五反田五丁目付近東五反田五丁目付近

「五反田」駅周辺には、城南地区の高級住宅地の代名詞として知られている“城南五山”の「池田山」、「島津山」、「御殿山」の3つの住宅地があります。東五反田五丁目に位置する「池田山」エリアは、皇后陛下美智子様の実家・正田家があった地としても知られています。現在正田家跡地は「ねむの木の庭」として整備され、周辺の大きな敷地を擁する邸宅と合わせて、気品のある落ち着いた雰囲気を創出しています。

東五反田三丁目付近東五反田三丁目付近

一方、東五反田三丁目に位置する「島津山」エリアも、「五反田」駅からソニー通りを進み、すぐという場所に位置しながらも、低層の高級マンションが多く、格式高い街並みが広がっています。地域の一郭の「清泉女子大学」には、「島津山」の地名の由来ともなった旧薩摩藩主の「旧島津公爵邸」(東京都指定有形文化財)や推定樹齢250年以上の楓の木(品川区指定天然記念物)など、「島津山」の長い歴史を物語る史跡が残されています。

五反田エリアのおすすめマンション

記事中で紹介したスポットとおすすめマンションの位置を地図でご確認いただけます。

おすすめスポット …おすすめスポット 住宅地 …住宅地 おすすめマンション …おすすめマンション 営業センター …営業センター

五反田エリアの店舗情報

  • 店舗写真
  • 店舗マップ
  • 五反田営業センター
    TEL: 0120-180-602
    住所: 品川区東五反田5-27-5 5セントラルビル4F
    最寄り駅: JR五反田駅
    営業時間: 9:30〜18:20
    定休日: 火・水曜日(土・日曜日、祝日も営業しております)
このページのトップへ
周辺の「憧れのブランドエリア」
周辺の「駅」情報
憧れのブランドエリア トップへ
  ※このデータは2013年12月現在のものです。 [本コンテンツの内容について] [住友不動産販売TOPへ]