憧れのブランドエリア

日吉

キャンパスの緑と商店街の活気に包まれた街 日吉

「慶應義塾大学」とともに発展した街、日吉。駅の東側には「慶應義塾大学日吉キャンパス」の敷地が広がっており多くの学生で賑わっています。一方、駅の西側には「田園都市」構想によって開発された街並みと、地元の人々に親しまれている商店街が広がっており、活気にあふれています。

キャンパスの緑と商店街の活気に包まれた街 日吉

「日吉」駅「日吉」駅

古墳や貝塚があるなど、古くからこの付近の中心として栄えてきた日吉エリア。1926(大正15)年の東京横浜電鉄(現・東急東横線)の開通と同時に「日吉」駅が開業し、それに合わせて住宅地の開発も進められていきました。同時期に開発が行われた「田園調布」などと同様に「田園都市」構想によって開発された街で、現在も西口に広がる放射状の道路から、当時の計画の名残を見ることができます。

慶應義塾大学慶應義塾大学

そんな日吉エリアがさらに発展するきっかけとなったのが、現在では街のシンボルとなっている「慶應義塾大学日吉キャンパス」の存在です。1934(昭和9)年に「慶應義塾予科」が移転してくると、その後も「慶應義塾高等学校」、「慶應義塾普通部」、「慶應義塾大学工学部(現・理工学部)」も移転し、学園都市としての機能を拡大させていきました。駅前から続く銀杏並木は紅葉のスポットとして有名で、秋の訪れを告げる風物詩となっています。

日吉エリアのおすすめスポット

魅力あふれる日吉の街の、おすすめのスポットをご紹介します。
日吉東急avenue

日吉東急avenue

「日吉」駅に直結した商業施設「日吉東急avenue」。地下1階から地上3階の各フロアには、生鮮食料品店をはじめ、衣料品店、家電量販店、CDショップ、飲食店、銀行や郵便局などが揃っています。本館と南館を繋ぐ連絡通路には自然光が降り注ぐ吹き抜けのアトリウムがあり、球体のモニュメント"ぎんたま"が設置されています。

慶應義塾大学 協生館

慶應義塾大学 協生館

「慶應義塾大学」の基本コンセプトのひとつである「協生=協力して生きる」を育む場として造られた施設です。コンサートや講演会などを開催できるホールや多目的教室、認可保育園、フィットネスクラブなど様々な施設が入り、大学と地域との架け橋的な役割を果たしています。

日吉商店街

日吉商店街

「日吉」駅西口にある商店街で、普通部通り、中央通り、浜銀通り、メイルロード、サンロードの5本の通りが扇状に広がっています。「慶應義塾大学」の最寄り駅ということもあり、地域住民に加え多くの学生も利用する賑やかな商店街です。昔ながらのお店から学生に人気のお店まで、様々なジャンルのお店が立ち並んでいます。

住宅地としての日吉の魅力

日吉本町二丁目付近日吉本町二丁目付近

「日吉」駅の東側に「慶應義塾大学日吉キャンパス」がある一方、駅の西側には住宅地が広がっています。賑やかな「日吉商店街」を抜けた先にある日吉本町二丁目付近は高台に位置しており、駅前の喧騒とは打って変わり、街を見下ろすことができる閑静なエリアとなっています。また、日吉二、三丁目や日吉本町四、五丁目周辺は風致地区にも指定されており、緑地を保全した街並みが形成されています。

日吉エリアのおすすめマンション

記事中で紹介したスポットとおすすめマンションの位置を地図でご確認いただけます。

おすすめスポット …おすすめスポット 住宅地 …住宅地 おすすめマンション …おすすめマンション 営業センター …営業センター

日吉エリアの店舗情報

  • 店舗写真
  • 店舗マップ
  • 日吉営業センター
    TEL: 0120-899-213
    住所: 横浜市港北区日吉2-5-2 浜銀日吉ビル3F
    最寄り駅: 東急東横線日吉駅
    営業時間: 9:30〜18:20
    定休日: 火・水曜日(土・日曜日、祝日も営業しております)
このページのトップへ
周辺の「憧れのブランドエリア」
憧れのブランドエリア トップへ
  ※このデータは2014年8月現在のものです。 [本コンテンツの内容について] [住友不動産販売TOPへ]