憧れのブランドエリア

本駒込

美しい庭園がある縁起の良い街 本駒込

江戸時代に「駒込は一富士、二鷹、三茄子」と詠われるなど、古くから人々の憧れの地であった街、本駒込。柳沢吉保の大名庭園であった「六義園」や、加賀藩前田家中屋敷跡につくられた高級住宅地「大和郷」など、現在でも多くの人を惹きつける場所が点在しています。また、山の手文化と下町文化の両方を感じることのできる街でもあります。

美しい庭園がある縁起の良い街 本駒込

駒込名主屋敷駒込名主屋敷

周辺が標高30メートル前後の高台となっており、貝塚が見つかるなど、住みやすい場所として古くから人の営みがあった本駒込エリア。江戸時代になると周辺には武家屋敷が建ち並ぶようになり、明治時代以降は旧山の手と呼ばれる由緒ある住宅地として発展していきました。さらに、近年は、こうした優れた住環境を求めて、政界や財界人が多く集まり邸宅を構えるようにもなりました。一方で、下町情緒を感じることができる商店街があるなど、山の手と下町の雰囲気を同時に味わうことができるのも、本駒込エリアの魅力です。

駒込富士神社駒込富士神社

初夢に見ると縁起が良いといわれている「一富士二鷹三茄子」も、元々はそんな本駒込の環境の良さを詠ったものだといわれています。江戸時代に流行した富士信仰の拠点として賑わった「駒込富士神社」(富士)、現在の駒込病院付近にあった「鷹匠屋敷」(鷹)、そして「駒込なす」(茄子)の産地でもあったことから、「駒込は一富士二鷹三茄子」が揃う縁起のよい土地として江戸の街で親しまれていたそうです。

本駒込エリアのおすすめスポット

魅力あふれる本駒込の街の、おすすめのスポットをご紹介します。
六義園

六義園

「六義園(りくぎえん)」は、江戸時代の大名柳沢吉保が手塩にかけてつくりあげた一大庭園です。明治時代には三菱創業者の岩崎弥太郎の所有でしたが、1938(昭和13)年に東京市(現・東京都)に寄付されました。国の特別名勝に指定されており、大きなしだれ桜、「藤代峠」からの眺望など、見どころが豊富です。

文京グリーンコート

文京グリーンコート

オフィスビルやショッピングモール、住宅ゾーンなどがある複合施設「文京グリーンコート」。周辺には低層の建物が多く、23階建ての建物がひときわ目を引きます。1998(平成10)年の完成以来、地域のランドマーク的存在となっています。テレビドラマのロケ地に使われることもしばしばあり、クリスマスの時期にはイルミネーションが美しく輝きます。

吉祥寺

吉祥寺

太田道灌が江戸城を築城した際、井戸の中から「吉祥」の金印が発見されたことから創建されたといわれています。境内には学寮「栴檀林(駒澤大学の前身)」が設置され、多くの学僧が学んでいました。中央線の「吉祥寺」駅は、明暦の大火で当寺が現在の地に移った際、門前町の住民が移り住んだことが名前の由来となっています。

住宅地としての本駒込の魅力

本駒込六丁目付近本駒込六丁目付近

「六義園」の西側、本駒込六丁目付近には「大和郷(やまとむら)」と呼ばれる高級住宅街が広がっています。加賀藩前田家の中屋敷だった土地を、柳沢吉保が将軍徳川綱吉から拝領し、その後岩崎弥太郎が「六義園」と合わせて買い上げ、住宅地として整備が進められました。周辺は戸建住宅が集まる住宅地となっていますが、大和郷には敷地の広い豪邸が立ち並び、政界や財界人が住まうなど、周辺とは一線を画するエリアとなっています。

本駒込エリアのおすすめマンション

記事中で紹介したスポットとおすすめマンションの位置を地図でご確認いただけます。

おすすめスポット …おすすめスポット 住宅地 …住宅地 おすすめマンション …おすすめマンション 営業センター …営業センター

本駒込エリアの店舗情報

  • 店舗写真
  • 店舗マップ
  • 小石川営業センター
    TEL: 03-5981-5671
    住所: 文京区小石川5-5-5 桐山ビル1F
    最寄り駅: 東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅
    営業時間: 9:30〜18:20
    定休日: 火・水曜日(土・日曜日、祝日も営業しております)
このページのトップへ
周辺の「憧れのブランドエリア」
周辺の「駅」情報
憧れのブランドエリア トップへ
  ※このデータは2014年4月現在のものです。 [本コンテンツの内容について] [住友不動産販売TOPへ]