憧れのブランドエリア

駒沢大学

豊かな緑と文化を両立する街 駒沢大学

豊かな緑に恵まれた、活気と落ち着きが寄りそう街、駒沢大学。学生の街としての賑やかな雰囲気と、「駒沢オリンピック公園」に代表される穏やかな雰囲気を感じることができます。また、閑静な住宅街の中には、おしゃれなカフェや雑貨店も点在しており、若者からファミリーまで多くの人を魅了し続けるエリアとなっています。

豊かな緑と文化を両立する街 駒沢大学

駒澤大学駒澤大学

駒沢大学エリアを象徴する施設といえば、その名の通り「駒澤大学 駒沢キャンパス」です。「駒澤大学」は仏教宗派の一つ、曹洞宗が1592年(文禄元年)に設立した吉祥寺の学寮を起源としており、1913(大正2)年に現在の場所に移転してきました。最新の教育設備を備えた「駒沢キャンパス」では、大学・大学院のすべての学生が学んでいるため、街には多くの学生が行き交い、賑わいを見せています。

駒沢オリンピック公園駒沢オリンピック公園

「駒沢オリンピック公園」や「呑川親水公園」、「駒沢緑泉公園」など、近場で豊かな自然を満喫できるのも、駒沢大学エリアの魅力のひとつとなっています。「駒沢オリンピック公園」の園内にはドッグランも整備され、通称「コマザワンヌ」と呼ばれる愛犬家が多く訪れることでも有名です。そのため、公園の周辺にはペットショップやペット専用の美容院、愛犬と一緒に入れるカフェなども充実しており、週末には遠方からも愛犬家が集まってきます。

駒沢大学エリアのおすすめスポット

魅力あふれる駒沢大学の街の、おすすめのスポットをご紹介します。
駒沢オリンピック公園

駒沢オリンピック公園

1964(昭和39)年開催の「東京オリンピック」の第二会場として利用された公園です。園内には陸上競技場や野球場などのスポーツ施設が集まっているほか、「駒沢オクトーバーフェスト」や「東京ラーメンショー」、「肉フェス」など、楽しいイベントも開催されており、スポーツ以外の楽しみも多い公園となっています。

駒沢給水塔

駒沢給水塔

1924(大正13)年、多摩川の水を現在の渋谷区に送水するために作られた水道施設で、西洋風の装飾が施された特徴的な姿から「丘上のクラウン」と呼ばれていました。関東大震災(1号塔建設中に発生)や第二次世界大戦の被害を奇跡的に免れ、1999(平成11)年まで現役の給水施設として使われていましたが、現在は震災時の応急施設となっています。

呑川親水公園

呑川親水公園

新町付近を流れる品川用水の水と、深沢周辺の湧き水が合流して始まる「呑川」。上流の深沢七〜八丁目の区間は開放水面がそのまま残され、「呑川親水公園」として整備されています。川の両側に植えられた約300本の桜は、春には多くの人の目を楽しませ、夏には程よい木陰を提供してくれます。

住宅地としての駒沢大学の魅力

深沢六丁目付近深沢六丁目付近

駒沢大学エリアは、学生の街としての面だけでなく、高級住宅街としての側面も併せ持っています。「駒沢オリンピック公園」の西側に位置する深沢の地名は、呑川上流の「深く入り組んだ沢」の様子から、鎌倉時代に名づけられたといわれています。大正元年(1912年)から整備が進められた歴史ある住宅地で、長い年月をかけて、格式高い街並みが形成されていきました。役人の別荘地や、政治家のセカンドハウスが多かったことでも知られており、現在でも多くの財界人や著名人が住むエリアとなっています。

東が丘一丁目付近東が丘一丁目付近

深沢エリアとは「駒沢オリンピック公園」を挟んだ反対側に位置している東が丘エリアは、戸建てを中心とした低層住宅の集まるエリアとなっています。「駒沢オリンピック公園」や「東根公園」、「呑川緑道」などの公園が近くにあり、のどかで落ち着いた街並みが人気の住宅地です。また、「駒沢大学」駅に近く、高度総合医療施設に位置付けられている「東京医療センター」もあるなど、生活利便性が高いことも人気の理由の一つです。

駒沢大学エリアのおすすめマンション

記事中で紹介したスポットとおすすめマンションの位置を地図でご確認いただけます。

おすすめスポット …おすすめスポット 住宅地 …住宅地 おすすめマンション …おすすめマンション 営業センター …営業センター

駒沢大学エリアの店舗情報

  • 店舗写真
  • 店舗マップ
  • 駒沢営業センター
    TEL: 03-5431-5951
    住所: 東京都世田谷区駒沢1-3-1 駒沢グリーンビル1F
    最寄り駅: 東急田園都市線 駒沢大学駅
    営業時間: 9:30〜18:20
    定休日: 火・水曜日(土・日曜日、祝日も営業しております)
このページのトップへ
憧れのブランドエリア トップへ
  ※このデータは2015年6月現在のものです。 [本コンテンツの内容について] [住友不動産販売TOPへ]