憧れのブランドエリア

西片

文化人が愛した街 西片

多数の文化人が愛した高級住宅街、西片。夏目漱石の小説『三四郎』の中でも登場し、漱石自身も住んでいたこともある街で、備後福山藩主阿部家が開発を進めた街です。エリアの東に位置する「東京大学」を中心に文教地区となっており、「樋口一葉旧居跡」など、文化・歴史を感じるスポットの多い街となっています。

文化人が愛した街 西片

旧伊勢屋質店旧伊勢屋質店

1872(明治5)年に本郷通りの東側の東片町に対し、西側を西片町と呼んだのが、西片という地名の始まりです。明治から昭和初期にかけて、備後福山藩主阿部家の中屋敷を、阿部家自らが開発したことにより、高級住宅街として発展していきました。関東大震災や第二次世界大戦の被害を免れたため、樋口一葉も通ったという「旧伊勢屋質店」や、明治時代に建てられ、現在でも旅館として利用されている「鳳明館本館」など、歴史ある建造物が残っているのも特徴のひとつです。

東京大学 赤門東京大学 赤門

広大な敷地を誇る「東京大学」がエリアの東側に広がっており、明治以後、このあたりに多数の学者や文化人が住んでいたことから、学者町としても知られています。周辺には「坊っちゃん」や「草枕」で知られる夏目漱石や樋口一葉、二葉亭四迷などの作家をはじめ、作曲家の滝廉太郎、小説家の坪内逍遥、言語学者の金田一京助など、名だたる文化人が居を構えていました。街の至る所に歌碑や旧居跡の碑などの史跡があり、近代文学発祥の地としての歴史を今に伝えています。

西片エリアのおすすめスポット

魅力あふれる西片の街の、おすすめのスポットをご紹介します。
樋口一葉終焉の地

樋口一葉終焉の地

小説家・歌人として明治期に活躍した樋口一葉は、1894(明治27)年、うなぎ屋の離れであったこの場所に移り住み、最後の3年間を過ごしました。当時、6畳2間と4畳半の3間。庭には、がけの湧水で造られた池があり、「にごりえ」「たけくらべ」などの代表作の数々がここで執筆されました。

樋口一葉旧居跡

樋口一葉旧居跡

樋口一葉が18歳〜21歳の間、洗い張りや針仕事などの内職をして母と妹の3人で生活をしていた場所です。樋口一葉は、この近くにあった歌塾「萩の舎(はぎのや)」に通い、処女小説「闇桜」が雑誌『武蔵野』に掲載され、小説家としてデビューしました。樋口一葉が使用していたと言われる井戸が今も残っています。

文京ふるさと歴史館

文京ふるさと歴史館

古くから豊かな文化・歴史をもつ文京区。江戸時代には、武家と町人が一緒に暮らし、独特の産業や文化が生まれました。また、明治時代になると、樋口一葉などの著名な文人たちの活動の拠点となり、文教の街としても有名になりました。そんな文京区の歴史や文化を今に伝えようと建てられたのが「文京ふるさと歴史館」です。文教エリアの歴史、かつての暮らしなどに触れることができます。

住宅地としての西片の魅力

西片二丁目付近西片二丁目付近

西片の街の歴史では、備後福山藩主であった阿部家が重要な役割を果たしてきました。西片一帯はかつて阿部家の屋敷が広がっていた場所を開発したことで、広大な敷地を持つ邸宅が集まる高級住宅街として発展してきました。そのなかでも西片二丁目は坂の上の高級住宅街で、マンションが少なく、敷地の広い戸建てが多い環境の良いエリアとなっています。また、西片二丁目にある「文京区立誠之小学校」は、藩校「誠之館」が前身となっており、人気の高い公立校として知られています。

記事中で紹介したスポットとおすすめマンションの位置を地図でご確認いただけます。

おすすめスポット …おすすめスポット 住宅地 …住宅地 おすすめマンション …おすすめマンション 営業センター …営業センター

西片エリアの店舗情報

  • 店舗写真
  • 店舗マップ
  • 小石川営業センター
    TEL: 03-5981-5671
    住所: 文京区小石川5-5-5 桐山ビル1F
    最寄り駅: 東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅
    営業時間: 9:30〜18:20
    定休日: 火・水曜日(土・日曜日、祝日も営業しております)
このページのトップへ
周辺の「憧れのブランドエリア」
周辺の「駅」情報
憧れのブランドエリア トップへ
  ※このデータは2014年11月現在のものです。 [本コンテンツの内容について] [住友不動産販売TOPへ]