憧れのブランドエリア

千石

江戸時代に広がった山手の御屋敷町 千石

かつてのお屋敷町の名残が残る街、千石。周辺には、一橋徳川家のお屋敷だった「千石緑地」や、「小石川御薬園」に由来する「小石川植物園」をはじめ、緑豊かな公園などが点在しており、落ち着いた環境となっています。そんな環境でありながら、山手線の内側に位置する便利な立地で、住環境の良さと利便性が共存する、周辺エリアとは一線を画す雰囲気が広がっています。

江戸時代に広がった山手の御屋敷町 千石

千石二丁目付近千石二丁目付近

現在の千石エリアは、かつて「林町」という地名で呼ばれていました。「林町」という地名は、江戸時代に千石二丁目に「林大学頭」の屋敷があったことに由来しています。1967(昭和42)年の住居表示変更に伴い、近くを流れる千川と中山道の"せん"、そして小石川の"石"を組み合わせて「千石」という地名に変更されました。当時の地名は失われましたが、「文京区立林町小学校」には、今も当時の名が残されています。

千石緑地千石緑地

江戸時代、江戸城に近いこともあり、千石エリアには町屋や武家屋敷が集まっていました。現在でもその名残を見ることができます。千石一丁目にある「千石緑地」はこのあたりに屋敷を構えていた一橋徳川家から寄付された土地で、樹木が茂る敷地内には、樹齢100年以上と推定されるムクノキの巨木があります。また、享保年間に創業し、代々千石で米屋を営んできた「伊勢五」の店舗と蔵は国の登録有形文化財に指定されています。

千石エリアのおすすめスポット

魅力あふれる千石の街の、おすすめのスポットをご紹介します。
千石緑地

千石緑地

武蔵野台地の先端にあたる白山台地と、指ヶ谷の低地の境界にある緑地。元は一橋徳川家が所有していましたが、可能な限り樹林域を残すことを条件に、区に寄付されました。文京区では樹林を保全するとともに、区民が自然に親しめるように一部を開放。植物が傷つけられたり林床が踏み固められたりすることを防ぐため、園内には木製園路が設置されています。

簸川神社

簸川神社

第五代孝昭天皇の頃に創建したと伝えられ、源義家が奥州平定の祈願のために参籠したといわれる、歴史ある神社です。小石川、巣鴨の総社として氏子一橋家の尊崇も篤く、大正天皇も皇太子時代に参拝されました。社殿は空襲より焼失しましたが、1958(昭和33)年に再建されています。

白山神社

白山神社

平安期の天暦年間(947〜957年)の創建と伝えられており、徳川幕府2代将軍・秀忠の命により巣鴨原(現在の小石川植物園内)に移築、さらに、5代将軍になる前の綱吉の屋敷建設のため現在の地に移ったとされています。境内には約3,000株のあじさいが植えられ、毎年「あじさいまつり」が開催され大いに賑わいます。

住宅地としての千石の魅力

千石の街並み千石の街並み

千石エリアは白山台地上の安定した地盤に位置しており、古い街並みが今も残るエリアとなっています。千石二丁目付近は、南側にかつて千川が流れていたため(現在は暗礁化)、南側に向かって傾斜しており日当たりが良いのが特徴です。また、大通りから坂を上ったところに住宅街が広がっているため、静かな環境が広がっているのも魅力の一つです。そんな恵まれた環境のため、大通り沿いを除いてマンションは少なく、大きな敷地の邸宅が中心の街並みとなっています。

千石エリアのおすすめマンション

記事中で紹介したスポットとおすすめマンションの位置を地図でご確認いただけます。

おすすめスポット …おすすめスポット 住宅地 …住宅地 おすすめマンション …おすすめマンション 営業センター …営業センター

千石エリアの店舗情報

  • 店舗写真
  • 店舗マップ
  • 小石川営業センター
    TEL: 03-5981-5671
    住所: 文京区小石川5-5-5 桐山ビル1F
    最寄り駅: 東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅
    営業時間: 9:30〜18:20
    定休日: 火・水曜日(土・日曜日、祝日も営業しております)
このページのトップへ
周辺の「憧れのブランドエリア」
周辺の「駅」情報
憧れのブランドエリア トップへ
  ※このデータは2014年11月現在のものです。 [本コンテンツの内容について] [住友不動産販売TOPへ]