憧れのブランドエリア

千里エリアイメージ

ニュータウン開発の先駆け 千里エリア

日本万国博覧会開催の地としても知られる、日本初のニュータウンとして開発された街、千里。阪急千里線、北大阪急行南北線、大阪モノレールの3路線を利用でき、新大阪や梅田などの大阪都心部や大阪国際空港へのアクセスも便利です。大規模な住宅地が広がっており、街の各地には小・中学校や医療施設、百貨店などの買い物施設、歩車分離の道路が計画的に整備されています。

ニュータウン開発の先駆け 千里エリア

千里周辺千里周辺

大阪府の北摂地域に位置している千里丘陵で、日本初の大規模ニュータウンとして開発が進められた千里エリア。開発計画が決定した1960年代前半から開発が開始され、阪急千里線の延伸、日本万国博覧会開催に向けて開通した北大阪急行南北線など、交通インフラが整備されたことによって、千里周辺は大きく発展していきました。現在でも住宅地としての人気が高く、若い人々も増えてきています。

上新田地域上新田地域

約1,160ヘクタールにも及ぶ広大な開発地内は、イギリスの都市計画家、エベネザー・ハワードが提唱した「ガーデンシティ構想」に基づき、教育・医療・商業施設などが計画的に配置され、公園や歩車分離の道路など、住みやすい環境が整備されています。エリアの中心となる「千里中央」駅周辺には「千里セルシー」や「せんちゅうパル」、「千里阪急百貨店」などのショッピングセンターや百貨店が立ち並び、周辺地域最大の商業地となっています。一方で千里周辺は江戸時代より続く街もあり、上新田地域と弘済院地域は開発エリアから除外され、現在でも昔ながらの街並みを残しています。

千里エリアのおすすめスポット

魅力あふれる千里の街の、おすすめのスポットをご紹介します。
千里セルシー

千里セルシー

「千里中央」駅前にある「千里セルシー」は、ショッピングモールやミニシアター、イベントが行われる「セルシー広場」などで構成された商業施設です。B1F〜6Fまでのフロアに、飲食店やスーパーマーケット、ファッション雑貨店などが並んでいます。また、クリニックや予備校、語学教室、カルチャースクールなども入居しています。

ガーデンモール南千里

ガーデンモール南千里

「南千里」駅に直結しているショッピングモール「ガーデンモール南千里」には、1Fのスーパーマーケットを中心に、ベーカリー、お酒、生花店やドラッグストア、2Fの飲食店、雑貨店、書店など各種専門店が揃っています。また、毎月家族で楽しめる様々なイベントも開催されています。

千里南公園

千里南公園

釣りができる牛ヶ首池や、玉石を敷き詰めた健康歩道、カラフルなブランコや鉄棒がある遊具広場、ジョギングやウォーキングもできる円形広場など、子どもから大人まで楽しめる公園です。松尾芭蕉や小林一茶などの歌や句を石碑にした拓本採集が出来る公園として全国から愛好家が集まることでも知られています。

住宅地としての千里の魅力

北千里付近北千里付近

千里ニュータウンは千里中央、桃山台、北千里、山田、南千里駅周辺の12の近隣住区で構成されています。各地区の中心地に近い場所にはマンションや公共団地、外周部には中層のマンションや戸建て住宅が配置されています。「千里中央」駅周辺の新千里町や「南千里」駅周辺の津雲台や佐竹台、「北千里」駅の藤白台には開発当時に建設された公共団地が集まっています。また、これらの公共団地の建て替えによって建設された民間の分譲マンションも多くあり、新しく子育て世代の住民も移住してきているのも特徴です。

新千里北町付近新千里北町付近

一方、戸建て住宅が立ち並ぶエリアは、開発当初から、近接する豊中市の高級住宅地に匹敵する高い水準の住宅地をつくることを目標に、平均150坪もの広い敷地を持った戸建て住宅が建設されていきました。現在では、敷地分割されて新しく建設された戸建て住宅も増えたものの、100坪ほどの敷地を持つ、ゆとりのある住宅も多く残っており、落ち着いた街並みが広がっています。

千里エリアのおすすめマンション

記事中で紹介したスポットとおすすめマンションの位置を地図でご確認いただけます。

おすすめスポット …おすすめスポット 住宅地 …住宅地 おすすめマンション …おすすめマンション 営業センター …営業センター

千里エリアの店舗情報

  • 店舗写真
  • 店舗マップ
  • 千里中央営業センター
    TEL: 0120-017-770
    住所: 豊中市新千里東町1-4-2 千里LCビル2F
    最寄り駅: 北大阪急行南北線千里中央駅
    営業時間: 9:30〜18:20
    定休日: 火・水曜日(土・日曜日、祝日も営業しております)
このページのトップへ
周辺の「憧れのブランドエリア」
憧れのブランドエリア トップへ
  ※このデータは2014年01月現在のものです。 [本コンテンツの内容について] [住友不動産販売TOPへ]