憧れのブランドエリア

白金エリアイメージ

優雅な雰囲気が漂う街 白金エリア

落ち着きと美しさを備えた街、白金。緑と調和した街の景観と大きな敷地を合わせ持つ邸宅が街にゆとりを生み出し、穏やかな生活空間を演出しています。また、約200年の歴史を誇るカトリック女子修道会「聖心会」を母体とした「聖心女子学院」、ヘボン式ローマ字の創始者として知られるヘボンが開いた「ヘボン塾」を起源とする日本最古のミッションスクール「明治学院」の2つの伝統校があるため、白金の街はアカデミックな雰囲気も併せ持っています。

優雅な雰囲気が漂う街 白金

プラチナ通り周辺プラチナ通り周辺

江戸時代には、“水戸黄門”としても知られる徳川光圀の兄である高松藩主松平讃岐守頼重をはじめ、諸藩の下屋敷が置かれ、歴史ある場所として高級住宅地へと発展してきた白金エリア。ショッピングや食事など、白金での生活を楽しむ人を“シロガネーゼ“と呼び讃える背景は、ブティック店などが立ち並ぶイチョウ並木の美しい「プラチナ通り」に象徴されるような優雅な街ならではの生活スタイルに、多くの人が憧れ、心を魅了されるからかもしれません。

国立科学博物館附属自然教育園国立科学博物館附属自然教育園

近隣には「天然記念物及び史跡」に指定されている、20haもの敷地面積を誇る「国立科学博物館附属自然教育園」や旧朝香宮邸を利用した「東京都庭園美術館」、福沢諭吉の援助によって北里柴三郎や志賀潔らが設立した「東京大学医科学研究所」、江戸幕府の旗本・大久保忠教の屋敷跡を利用した「八芳園」など広大な敷地を擁する施設があり、これらの施設に多く残る緑は街並みに落ち着きを与え、街の雰囲気をさらに上質なものにしています。

白金エリアのおすすめスポット

魅力あふれる白金の街の、おすすめのスポットをご紹介します。
プラチナ通り

プラチナ通り

目黒通りの「白金台」交差点から外苑西通り沿いの約800mにわたりひろがる洗練された雰囲気が漂う通称「プラチナ通り」。沿道の緑を眺めるテラス席を備えたカフェやレストランをはじめファッションや美容関連のお店も多く、ハイセンスな白金を象徴するスポットとして観光客も多く訪れます。

白金アエルシティ

白金アエルシティ

「白金高輪」駅に直結した複合施設「白金アエルシティ」。地上26階建てのオフィスビル「NBFプラチナタワー」と地上42階建てのマンション「白金タワー」をはじめ、低層階にはカフェやレストラン、スーパーマーケットもあり、近隣の生活を支える貴重な施設として親しまれています。

八芳園

八芳園

12,000坪(約4ha)もの広大な日本庭園を備えるレストラン・結婚式場として創業より70年以上にわたり親しまれている「八芳園」。東京メトロ「白金台」駅から徒歩わずか1分の場所にあり、盆栽や水辺に佇むあづまやの「水亭」など、普段の生活では味わえない非日常の空間が広がっています。

住宅地としての白金の魅力

三光坂三光坂

白金エリアの北側にある「聖心女子学院」や「三光坂」周辺には、大きな敷地の邸宅が立ち並び、ゆとりが生み出す穏やかな生活空間を演出しています。特に「三光坂」沿いには石垣などの重厚感のある外観をもった建物が多く建っており、高級住宅街を形成しています。三光坂を上りきったところには、時計のセイコーの創業者・服部家の大邸宅だった敷地が広がっています。現在でもしっかりと手入れがされており、こちらも街に重厚感を与えています。


白金台五丁目付近白金台五丁目付近

一方、エリアの南側は、「プラチナ通り」や「八芳園」、「国立科学博物館附属自然教育園」、「東京大学医科学研究所」など、街路樹や敷地内に緑が多い場所があり、「三光坂」などの北側エリアとは一味違った、ゆっくりとした時間が流れる優雅な雰囲気があります。目黒通り沿いには中層マンションが目立ちますが、一歩奥に入ると、低層マンションと戸建てが立ち並んでいます。

白金エリアのおすすめマンション

記事中で紹介したスポットとおすすめマンションの位置を地図でご確認いただけます。

おすすめスポット …おすすめスポット 住宅地 …住宅地 おすすめマンション …おすすめマンション 営業センター …営業センター

白金エリアの店舗情報

  • 店舗写真
  • 店舗マップ
  • 広尾営業センター
    TEL: 0120-551-716
    住所: 港区南麻布5-15-27 広尾REEPLEX B's 3F
    最寄り駅: 東京メトロ日比谷線広尾駅
    営業時間: 9:30〜18:20
    定休日: 火・水曜日(土・日曜日、祝日も営業しております)
このページのトップへ
周辺の「憧れのブランドエリア」
周辺の「駅」情報
憧れのブランドエリア トップへ
  ※このデータは2013年09月現在のものです。 [本コンテンツの内容について] [住友不動産販売TOPへ]