憧れのブランドエリア

虎ノ門

政治と経済の中心地 虎ノ門

政治と経済の中心地として、霞ヶ関とならび発展をしてきた街、虎ノ門。かつて江戸城の南端にあった「虎ノ門」と名づけられた門の名前に由来するもので、1873(明治6)年に門が撤去された後もこの地域の俗称として残り、現在の地名となりました。場所柄、弁護士や検察官、裁判官といった法律に携わる専門家の事務所が多くあるのも特徴で、日本の中枢機能を支える重要な役割を担うオフィス街が広がります。

政治と経済の中心地 虎ノ門

虎ノ門3丁目付近虎ノ門3丁目付近

オフィスビルが立ち並ぶ虎ノ門エリアには、「六本木ヒルズ」や「表参道ヒルズ」で知られる森ビルによって建設された通称“ナンバービル”と呼ばれる数字が冠されたオフィスビルが桜田通り(国道1号)を中心に数多く見られます。1960(昭和35)年に竣工した空調付きの「西新橋3森ビル」をはじめ、高度経済成長にともない誕生したナンバービルは日本の発展の歴史を知る手がかりのひとつです。

整備中の環状2号線整備中の環状2号線

現在虎ノ門エリアでは、高さ248.1メートルの東京ミッドタウンに次ぎ、東京で2番目に高い247メートルの「虎ノ門ヒルズ」の建設と、江東区の有明から千代田区まで計14kmにおよぶ「環状2号線」の整備が進められています。虎ノ門から新橋付近の環状2号線はトンネル化されることになっています。地上にはパリのシャンゼリゼ通りを見本にした通りが整備され、歩道には街路樹やオープンカフェを設けて、沿道のビル1階はショーウインドウのある店舗が並ぶ予定です。

虎ノ門エリアのおすすめスポット

魅力あふれる虎ノ門の街の、おすすめのスポットをご紹介します。
愛宕山

愛宕山

標高26メートルの愛宕山の山頂に設けられた「愛宕神社」は、1603(慶長8)年に徳川家康の命によって江戸の防火の神様として祀られた由緒ある神社です。山の東側にある見上げるほどの急坂は「出世の石段」と呼ばれる名所としても知られ、多くの観光客も訪れる注目のスポットです。

日比谷公園

日比谷公園

1903(明治36)年に開園した、日本初の洋風近代式公園「日比谷公園」。約1.6haもの広大な敷地を有し、幾何学文様の洋風花壇「第一花壇」をはじめ、野外音楽堂や公会堂、テニスコートもあり、余暇利用にも最適なスポットです。ビジネス街に隣接しながらも、イチョウやウメ、クスノキなど緑に恵まれた環境も魅力的です。

虎ノ門ヒルズ

虎ノ門ヒルズ

2014(平成26)年に竣工予定の地上52階建ての超高層ビル「虎ノ門ヒルズ」。オフィスや住居スペースのほか、日本初進出となるラグジュアリーブティックホテル「アンダーズ東京」や商業施設を兼ね備えた複合型の施設となる予定です。環状2号線の再開発計画とも関連し、ビルの下層部を道路が貫通する計画が進められています。

住宅地としての虎ノ門の魅力

愛宕2丁目付近愛宕2丁目付近

政治と経済の中心地として発展して来た虎ノ門エリアでは、忙しく働くビジネスマンが多い場所柄“セカンドルーム”として利用できる住居のニーズが高いのが特徴です。 現在、周辺では「虎ノ門ヒルズ」と「環状2号線」の整備が進められており、完成すれば利便性がさらに高まることが予想されます。今後、事務所やセカンドルームだけでなく、住まいとしてのニーズも高まることが期待されます。

虎ノ門エリアのおすすめマンション

記事中で紹介したスポットとおすすめマンションの位置を地図でご確認いただけます。

おすすめスポット …おすすめスポット 住宅地 …住宅地 おすすめマンション …おすすめマンション 営業センター …営業センター

虎ノ門エリアの店舗情報

  • 店舗写真
  • 店舗マップ
  • 虎ノ門営業センター
    TEL: 0120-136-375
    住所: 港区西新橋1-10-2 住友生命西新橋ビル 1F
    最寄り駅: 東京メトロ銀座線虎ノ門駅、JR新橋駅
    営業時間: 9:30〜18:20
    定休日: 火・水曜日(土・日曜日、祝日も営業しております)
このページのトップへ
周辺の「憧れのブランドエリア」
周辺の「駅」情報
憧れのブランドエリア トップへ
  ※このデータは2013年10月現在のものです。 [本コンテンツの内容について] [住友不動産販売TOPへ]