憧れのブランドエリア

四谷

緑に囲まれた閑静な街 四谷

都心に位置しながらも、多くの緑に囲まれた環境が魅力の街、四谷。周辺には信濃高遠藩内藤家の下屋敷であった地が公園として整備された「新宿御苑」や、御所や宮邸がある「赤坂御用地」などがあり、緑豊かな環境となっています。また、「服部半蔵」が眠る「西念寺」など、江戸時代から続く由緒ある寺社も多くあり、閑静な住宅地が広がっています。

緑に囲まれた閑静な街 四谷

「四ッ谷」駅付近「四ッ谷」駅付近

かつては、すすきなどが生い茂る原風景が広がっていた四谷エリア。江戸時代になると、甲州街道と青梅街道の関所である「四谷大木戸門」が設けられました。江戸城のお濠が設置される際、現在の麹町付近にあった寺社が四谷エリアに移転してきたことから、門前町として多くの人が移り住むようになりました。また、お濠の設置と合わせて「四谷見附門」と呼ばれる城門も設置されました。「四ッ谷」駅近くには現在でも石垣が残っており、当時の名残を見ることができます。

新宿御苑付近新宿御苑付近

現在の四谷エリア周辺には、紀州徳川家の上屋敷であった「赤坂御用地」、信濃高遠藩内藤家の下屋敷であった「新宿御苑」、青山練兵場の跡地に造られた「明治神宮外苑」など、広大な敷地の施設が多くあり、緑豊かな環境となっています。また、最近では、かつて花街として栄えた「四谷荒木町」や「杉大門通り」など、風情ある街並みに隠れ家的なお店が集まるようになり、人気を集めています。

四谷エリアのおすすめスポット

魅力あふれる四谷の街の、おすすめのスポットをご紹介します。
迎賓館

迎賓館

もともとは東宮御所として1909(明治42)年に建設された「迎賓館」。昭和時代になると、敷地と建物は国に移管され、国立国会図書館や裁判所などとして利用されるようになりました。その後改修が行われ、現在では、海外の国家元首など国賓の接遇を行う施設として利用されています。

津の守弁財天

津の守弁財天

現在の岐阜県、美濃高須藩主・松平摂津守義行に由来する「津の守(つのかみ)坂」。徳川幕府より現在の四ツ谷地区を上屋敷として与えられた摂津守は、邸内に山あり谷ありの風光明媚な庭園を作り上げ、「津の守坂」はその名残りといわれています。「津の守弁財天」は、学問、音楽の神様としても親しまれており、四谷荒木町の住宅地の中にひっそりと佇んでいます。

新宿歴史博物館

新宿歴史博物館

「新宿歴史博物館」では、新宿の様子や文化などをわかりやすく紹介しています。常設展のフロアは6つに分けられ、旧石器時代から江戸時代までの歴史を紹介する「大地に刻まれた歴史」と名づけられたフロアからはじまり、中世、江戸、近代、昭和初期、戦中・戦後から現在のフロアへと至ります。また、東京市電5000形や夏目漱石の『道草』の草稿といった貴重な物も展示されています。

住宅地としての四谷の魅力

内藤町付近内藤町付近

四谷エリアには、かつて武家屋敷などがあった名残から、大きな敷地を持つお屋敷が点在しています。エリアの西側に位置している内藤町や大京町周辺には、閑静な住宅地が広がっています。周辺のマンションからは「新宿御苑」の景色が望めるほか、「慶應大学病院」も近く、安心の住環境が整っています。また、新宿通りの北側にある荒木町や三栄町周辺には、かつて花街として栄えた面影が残る、昔ながらの街並みが広がっています。住宅地の中には、「四谷荒木町商店街」があり、ミシュランの星を獲得した名店など、隠れ家的なスポットも身近にある人気のエリアです。

四谷エリアのおすすめマンション

記事中で紹介したスポットとおすすめマンションの位置を地図でご確認いただけます。

おすすめスポット …おすすめスポット 住宅地 …住宅地 おすすめマンション …おすすめマンション 営業センター …営業センター

四谷エリアの店舗情報

  • 店舗写真
  • 店舗マップ
  • 新宿営業センター
    TEL: 0120-791-078
    住所: 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル1階
    最寄り駅: JR新宿駅、都営大江戸線都庁前駅
    営業時間: 9:30〜18:20
    定休日: 火・水曜日(土・日曜日、祝日も営業しております)
このページのトップへ
周辺の「憧れのブランドエリア」
憧れのブランドエリア トップへ
  ※このデータは2014年4月現在のものです。 [本コンテンツの内容について] [住友不動産販売TOPへ]