シニアの住まい、住み替え、セカンドライフに関する情報や提携する老人ホーム・老人介護施設をご紹介|住友不動産販売

住友不動産販売サイトへ

リフォームと住み替え

ライフスタイルや同居人数が変化した時に、リフォームするか、住み替えをするか悩まれる方が多くいらっしゃいます。
リフォームと住み替えのそれぞれのメリット、デメリットを理解しましょう。

リフォームをする場合

メリット
  • 建物を壊さずに済む。
  • 大規模なリフォームでなければ、ほとんど仮住まい、引越しがいらない。
  • 予算に合わせてリフォームの内容を選択できる。
  • 内外装とも新築同様にすることができる。
デメリット
  • 既存建物の構造によっては、間取り変更などが思い通りにならない場合がある。
  • 基礎、柱、梁などの主要構造を補強しない場合、構造の強度に不安が残る。
  • 構造補強を含めたリフォームをすると、建替えより高額になることがある。

住み替えをする場合

メリット
  • 売却益を住み替え資金にする場合は、自己資金を用意する必要がない。
  • 売却益が、住み替え予算のより多ければ、老後の資金等に充当できる。
  • マンション購入、一戸建て購入、土地を購入して建物新築、賃貸など住まいの選択肢が広がる。
  • オーバースペック(過剰)な住まいから適正な住まいに変更できる。
    (敷地が広すぎて、庭の手入れなど維持管理ができない。不使用の部屋があり、掃除が面倒など)
デメリット
  • 長年住んだ愛着のある土地、建物を手離さなければならない。
  • マイホームを売却しても、売却益が出ない、または、売却損が発生することがある。
    (住宅ローンの残高が高額な場合は、売却時補てんしなければいけないことも)
  • マイホームの売却を先行した場合、思い通りの金額で売却できても、理想とする住まいが見つかるとは限らない。
  • 住み替え後の住まいの購入を先行した場合、売却期間が思うようにとれず、思い通りの金額で売却できない可能性がある。
  • 地域、近隣など住まい方が変わるので気苦労をする場合がある。

リフォームにも住み替えにも一長一短があります。
リフォームと住み替え、どちらが良いかは、何を優先順位に考えるかで、変わってくると思います。

何を重視するのか優先順位を考え、リフォームが良いのか、住み替えが良いのか、最適な選択をして下さい。

▲このページの先頭へ

シニアの住まいトップへ

Copyright © Sumitomo Real Estate Sales Co., Ltd. All right reserved.