シニアの住まい、住み替え、セカンドライフに関する情報や提携する老人ホーム・老人介護施設をご紹介|住友不動産販売

住友不動産販売サイトへ

見学の際のポイント

立地・環境の確認

[画]イメージ

物件だけでなく、周辺環境や距離感を把握することが重要です。
物件を見学する際には、車で見に行くだけでなく、電車やバスなどの公共交通機関を実際に利用してみて距離感をつかむとよいでしょう。
物件の周辺や、駅・バス停までのアプローチに大きな段差がないかどうか確認しましょう。

時間

[画]イメージ

昼間の明るい時間帯に見学して、室内や日当たりを確認すると良いでしょう。
また、時間帯や曜日を変えて、周辺環境をチェックすることも大切です。
昼と夜、平日と休日では周辺の雰囲気が違う場合があります。

部屋

[画]イメージ

部屋の配置、部屋の窓の向きと位置、大きさなどを確認しましょう。窓や扉は実際に開閉させて、使いやすさを確認することも大切です。室内に段差がないかどうか確認することも重要です。天井の高さや風通しを確認することも大切です。
天井が高い部屋は開放感がありますが、冬は寒く、暖房費がかかりやすくなります。夏の暑い時期のことを考えて、窓を開けた時に風通しが良いかどうかも確認しましょう。

見学する時期だけでなく、一年を通して快適に過ごせるか確認することが大切です。
どのくらい収納できるのか、各部屋に収納スペースはあるのかなど収納スペースについても確認しておきましょう。

有料老人ホーム見学の際のポイントはこちら

▲このページの先頭へ

シニアの住まいトップへ

Copyright © Sumitomo Real Estate Sales Co., Ltd. All right reserved.