シニアの住まい、住み替え、セカンドライフに関する情報や提携する老人ホーム・老人介護施設をご紹介|住友不動産販売

住友不動産販売サイトへ

安全について

[セキュリティ]一戸建て編

[画]イメージ

一戸建てはマンションよりも侵入箇所が多く、場所によっては死角になることもあるため、ガラスを割って、窓やベランダから侵入されるケースが多いようです。

警報機や人体センサーライトの設置

ドアや窓の不正な開閉や窓ガラスの振動に反応する警報機や、動くものに反応してライトが点灯するセンサーライトを死角に取り付けることで、侵入者を近寄りづらくします。

ホームセキュリティなどの設置

ホームセキュリティの業務をしている会社に警備を依頼する方法もあります。警報がなると同時に監視センターから対処要員が駆けつけてくれるサービス、侵入者、火災、ガス漏れを感知して監視センターに通報し対処要因が駆けつけるサービスなど、希望に応じたさまざまなプランが選べるようです。

[セキュリティ]マンション編

[画]イメージ

マンションは比較的一戸建てよりもセキュリティ面が整っている場合が多いです。

管理人が常駐/オートロック/セキュリティゲート

警備会社と提携し、24時間体制で管理するケースが増えてきています。 また、マンションの敷地全体をフェンスで囲み防犯カメラなどを設置して敷地内に不審者の侵入しにくいようにするセキュリティーゲートの設置している場合もあります。

ディンプルキー・居住者専用ICカードキー

従来はシリンダーキーが主流でしたが、ピッキングに弱いということもあって、最近のマンションはディンプルキーなどの防犯性の高いものにシフトしています。また、居住者専用のICカードで施錠や開錠をすることができるマンションもあります。

▲このページの先頭へ

シニアの住まいトップへ

Copyright © Sumitomo Real Estate Sales Co., Ltd. All right reserved.