モデルルーム訪問記

ヴィークコート立川

JR中央線、南武線、青梅線「立川」駅 徒歩9分

所在地
東京都立川市錦町一丁目89番、90番、91番(地番)
交通
JR中央線、南武線、青梅線「立川」駅 徒歩9分、多摩モノレール「立川南」駅 徒歩10分、JR南武線「西国立」駅 徒歩6分
総戸数
55戸
構造・規模
鉄筋コンクリート造 地上8階建
竣工予定
平成30年7月下旬
入居予定
平成30年9月下旬

リポーター 紹介

田村 郁恵
38歳。ライター。
歌うことが大好き。趣味は音楽鑑賞、モデルルームを廻ること、料理、お笑いを見ること、アーティストやスポーツ選手などの伝記・自伝を読むことなど、幅広い。

今回訪問した モデルルーム

ヴィークコート立川

 全55戸に7.3m以上のワイドスパンが採用された、開放感あふれるマンションを訪問してきました。東京都立川市錦町に誕生する、8階建ての「ヴィークコート立川」です。多摩地区でも有数のショッピングエリアに位置する「立川」駅など3駅4路線を利用でき、都心や人気の街、アウトドアスポットなどへスムーズにお出かけ可能。第一種住居地域にたたずみ三方角地という、希少な立地に誕生します。東側には戸建て住宅が広がっているため、上層階では豊かな眺望も満喫できることでしょう。

おすすめポイント

POINT 1
第一種住居地域に立地し、東側は戸建てエリアで眺望が良好
三方角地の敷地は空地率が40%以上あり、住棟をゆったり配棟
POINT 2
2重のセキュリティラインを構築して防犯性を強化
ALSOK が24時間365日体制で暮らしの安全を遠隔監視
POINT 3
耐震構造と頑丈な直接基礎を採用。二重床構造で遮音性にも配慮。
点検回数が多く保証期間が長い長谷工プレミアムサービスを導入

おすすめPOINT 1

第一種住居地域に立地し、東側は戸建てエリアで眺望が良好
三方角地の敷地は空地率が40%以上あり、住棟をゆったり配棟

 良好な住環境が形成された第一種住居地域に立地し、三方角地で開放感があふれています。東側には戸建てエリアが広がっているため、眺めの良いところも魅力です。敷地内には立地の特性を生かすために、40%以上の空地を確保し、ゆとりのスペースに住棟をレイアウトしました。
 外観は、白とダークブラウンを巧妙に配色し、アースカラーが基調の風合いあるタイルも組み合わせて、都会的で品格の高いデザインにしています。外観は洗練された雰囲気を演出し、エントランスは上品とやわらかさを感じられるデザインに仕上げました。
 エントランスアプローチには、前方の道路からゆったりとした奥行きを確保しています。広々としたスペースに植栽を施しますので、入居者の皆様やゲストの方々が行き来する度に、四季折々に色づく花や樹木の豊かな表情を楽しめることでしょう。

外観 ▲ 外観

エントランス
▲ エントランス

おすすめPOINT 2

2重のセキュリティラインを構築して防犯性を強化
ALSOK が24時間365日体制で暮らしの安全を遠隔監視

 敷地や建物に、2重のセキュリティラインを構築しました。1次ラインは、敷地の周辺を囲うフェンスと共用部の防犯カメラ、エントランスのオートロックです。防犯カメラで常時録画する画像は、万が一に備えデジタルレコーダーに録画します。住戸内にはカラーモニター付きハンズフリーインターホンがあり、エントランスのオートロックを解錠する前に来訪者を確認できますのでご安心を。
 2次ラインは、上下2ヶ所で施錠できるダブルロックなど、住戸玄関のセキュリティです。玄関錠のプログレッシブシリンダーは、理論上の鍵違い数が約1,000億通りもあり、複製はほぼできません。玄関ドアには、こじ開けへの抵抗力が高い鎌状デッドボルト錠やサムターン回しの手口を阻止する防犯サムターンも装備。玄関ドアを開ける前にドアガードを掛ければ、外から無理やりドアを開けられても侵入されるのを防げます。
 またALSOKと提携し、24時間365日体制で暮らしの安全を監視します。火災の発生時や、防犯センサー(面格子付き窓を除く1・2階の住戸の窓と、玄関扉に設置)を付けた開口部が防犯セット中に開けられた時、共用部の設備に異常が生じた時などに、電話確認すると同時に訓練を受けた警備員が現場へ緊急出動。必要に応じて緊急連絡先や119番に通報するなど、迅速に対処しますのでご安心ください。

2重のセキュリティライン ▲ 2重のセキュリティライン

ALSOKのセキュリティネットワーク ▲ ALSOKのセキュリティネットワーク

おすすめPOINT 3

耐震構造と頑丈な直接基礎を採用。二重床構造で遮音性にも配慮。
点検回数が多く保証期間が長い長谷工プレミアムサービスを導入

 万が一の地震から人命や建物を守るために、耐力壁・柱・梁を頑丈にして建物の強度を高めた、耐震構造を採用しました。基礎構造は、鉄筋コンクリートで建物の床下を固めて武蔵野台地の堅固な地盤で建物を支持する、直接基礎です。点で支える杭基礎と違い、直接基礎は面で建物を支えるため安定感が高まります。
 遮音性も向上させるために、鉄筋コンクリートは戸境壁を約180mm・外壁を150mm以上またはALCを約100mmと厚くしました(一部を除く)。床の遮音性にも配慮し、各居室の床スラブの厚さは約240mm~270mm(1階の住戸は150mm)に(一部を除く)。コンクリートスラブの上にはクッションゴム付きの支持脚を付けて、スプーンを落とした時の音やスリッパで歩く音などの軽量床衝撃音を伝わりにくくします。居室ではさらに、軽量床衝撃音低減性能がΔLL(Ⅱ)-3等級の二重床を採用しました。重量床衝撃音低減性能がΔLH(Ⅱ)-2等級の二重床材も使用しているため、生活音をあまり気にせず過ごせることでしょう。
 入居後は、点検サービスの回数が多い長谷工プレミアムアフターサービスが充実しています。トラブル発生時の連絡は24時間365日、無料専用ダイヤルで長谷工アフターサービスのコールセンターへダイレクトにお問い合わせいただけます。保証期間が長いのも特長で、床や天井の浮きとはがれ、敷居や鴨居のきしみと反りなどは、従来の保証期間は2年でしたが、長谷工プレミアムアフターサービスは5年まで延長。玄関ドアの開閉不良・変形・破損や間仕切り反りなども従来は2年ですが、10年まで延長します。耐力壁・柱・梁のコンクリート躯体に亀裂や破損が生じた時や、室内へ雨水が侵入した時は、従来は10年保障のところを15年まで延長しますので、長年にわたって安心して暮らせることでしょう。

直接基礎構造 ▲ 直接基礎構造

長谷工プレミアムアフターサービス ▲ 長谷工プレミアムアフターサービス

営業マンからひとこと

首都圏有数のターミナル駅『立川』駅徒歩9分の好立地で、穏やかな『住居系エリア』に誕生する『ヴィークコート立川』。『ワイドスパン住戸』ならではの広々とした開放感を、ぜひ一度モデルルームにてご体感下さい。

※このデータは2017年10月31日現在のものです。

モデルルームに潜入