戻る

住まいの売却成功談 第3回

  • facebookでリンクをシェア
  • ツイートする

バックナンバー

住まいの売却成功談 ~売主様インタビュー~ 住まいの売却成功談 ~売主様インタビュー~

「不動産を売却する」…人生で何度も経験するものではありません。
だからこそ失敗しないよう、経験者のお客様の成功談から、"売却のコツ"を一緒につかんでいきましょう!

今回の売主様 東京都・武蔵野市在住 Jさん・Tさんご姉弟 × 営業担当者 住友不動産販売 吉祥寺営業センター 柘原誠今回の売主様 東京都・武蔵野市在住 Jさん・Tさんご姉弟 × 営業担当者 住友不動産販売 吉祥寺営業センター 柘原誠

第3回相続物件の売却がカギ!やっと出合えた理想の家の購入へ

JさんとTさんは、吉祥寺にお住まいのとても仲の良いご姉弟。弟のTさんが理想の一戸建てに出合ったのをきっかけに、ご両親から相続した不動産の課題を見直し、ご姉弟それぞれが満足のいく形で住みかえを実現しました。営業担当の柘原がTさんのお住まいにお邪魔し、当時を振り返ってお話をうかがいました。

静かな住宅街にあるこちらのお住まいは、Tさんが「二人のお子様のためにロフトのある家に住みたい」という夢をかなえられた場所ですね。私がTさんと最初にお会いしたのは、こちらの物件の内覧のご案内の時でした。内覧の日の夕方にはこちらの物件購入を決意されて、早速購入の段取りについてご相談させていただき、いろいろなお話をお伺いしました。

二人の息子が小学校に上がり、以前住んでいた賃貸マンションが手狭になったので、同じ吉祥寺エリアで住みかえを考えていました。ロフト付きの家を探していたんですが、なかなか良い物件に出合えずにいたんです…。そんな時に巡り合ったのがこの一戸建てです。理想の間取りというだけでなく、子どもの学区も変わらない場所で、「これは絶対に欲しい!」と思いました。しかし、購入のための具体的な話になると資金面の問題がみえてきて…。実は私たち姉弟は、亡くなった両親から事業用ビルと実家の一戸建てを相続していたのですが、その事業用ビルの方が一部負債を抱えていたんです。このままでは住宅ローンが組めないということでした。ようやく出合えた理想の家を、ここで諦めなくてはならないのか…と落胆しましたね。ところが、柘原さんとお話を進める中で、道が拓けてきたんです。

お話すればするほど、本当にこの家しかない!というTさんの強い想いが伝わってきました。今回の最優先はとにかくこの物件をTさんが購入することですが、色々とご事情を伺ったうえで、「Tさんの一戸建て購入」だけではなく、お姉さまも含めた「ご家族全体の資産見直し」であれば相談が可能ですとお伝えしました。ベストな方法は、相続した2つの不動産を整理、つまり「売却」することでした。まず、負債のある事業用ビルについては、税金の面などで運営が厳しく管理等も複雑になっており、Tさんにとってはかなり負担になってしまっているとのこと。そこで、せっかく出合えた一戸建ての購入を諦めるのならば、思い切ってこちらを売却しませんか、とご提案しました。私の頭の中で、売れるという確信もあったんです。
それから、姉のJさんがお住まいだったご実家の一戸建て…こちらは大きなお住まいでしたが、コンパクトに生活したいというご希望のライフスタイルにそぐわないとのことでしたので、こちらも思い切って売却されることをご提案しました。そうすることで、お二人ともに、希望のライフスタイルに見合うお住まいを購入する資金を得ることができるからです。

現在のお住まいにて。営業担当者・林とは、約2年前のマンションの売却から現在もお付き合いが続いています。現在のお住まいにて。営業担当者・林とは、約2年前のマンションの売却から現在もお付き合いが続いています。
吉祥寺の顔ともいえる井の頭公園。愛着のあるエリアで住みかえを実現したことが、お二人の大きな満足感につながっています。

最初、柘原さんからこのご提案をいただいた時は、正直、不安がありました。事業用ビルという大きな不動産の売却に加え、住み慣れた愛着のある実家の売却ですから。ただ、防犯や庭の手入れといった面から、実家の大きな家に一人で住むことに不便さや不安を感じていたことと、売却することで弟の家族が理想の住まい購入へ一歩ふみ出せるのならという思いに、後押しされました。
結局8~9カ月の間に、事業用ビルと実家の一戸建てを売却し、私は小さく身綺麗に住みたいという希望通りの中古マンションへ、弟は理想の一戸建てへ、とそれぞれのライフスタイルに合った住まいに移り住むことができました。その間、柘原さんにはリスクマネジメントだけでなく、「大丈夫ですよ」という言葉を幾度となくかけていただき、気持ちの面でのフォローもばっちりしていただきました(笑)。

ビルについては事業用ということと、その売却資金でTさんの一戸建てを購入するということでしたので、なるべくスピーディーに、かつ現金一括で購入いただける大きな会社、法人関係をあたったところ、金額的にも条件的にも合った買主様がみつかりました。事業用ビルで税金面が少し複雑なため、私からお声がけして、お二人には税務相談会にもご参加いただきましたね。
ご実家については、長年ご両親とお住まいだったJさんが、遺品の整理だけでなく心の整理もゆっくりとできるよう、引き渡しまでの時間を十分に確保することを心掛けました。並行して、現在の住まい探しも進めましたが、空き物件が少ない成熟した吉祥寺エリアで、ご希望の物件がご紹介できてよかったと思います。

出発点は私が一戸建てを買いたいというところでしたが、このために思いがけず両親の遺産を売却したことで、姉も、これから先の生き方をふまえた理想の住まいを手に入れることができました。これを実現できたのも、吉祥寺という土地に精通しているだけでなく、経験値もネットワークも兼ね備えたスペシャリストだからこそ。私たちは柘原さんに担当いただき、本当に運が良かったと思います。資産や今後の希望をトータルで検証していただいたおかげで、すべてが円満解決できましたから。

満足していただけて私もうれしいです。売却を決断された後はお二人のご協力が必要不可欠でしたが、必要な書類をご用意いただくといったご手配も迅速にご対応いただき、スムーズに取引を進めることができました。
相続した遺産などの場合は、なかなか売却にふみ切るのが難しいこともあるかと思います。ただ、それらを「処分する」のではなく「有効活用する」のだと考えれば、お二人のように理想の暮らしを手に入れることも夢ではありません。単なる物件の売却ではなく、これから先の暮らし方やライフスタイルを叶えられるような提案をしていく、それも私たちの大切な役目だと思っています。

今回のワンポイント

写真

Tさん:
負の遺産でも、活用の仕方によってはこれから先の人生を豊かに変えてくれることもあります。プロに相談したことで、売却・購入を超えて、人生設計のお手伝いをしてもらったように感じています。

写真

柘原:
相続などで負担になっている不動産のために、住まいの希望を叶えることができない…そんなときは、資産全体を広い目で見直すことが大切です。
そのエリアに精通し、経験値の高い住まいのプロに、まずはご相談ください。

Jさんから皆さまへ 歳を重ねて所有するものも増え、その分、負担も増えます。<br>体が元気な50代60代のうちに、いまの住まいを見直して<br>コンパクトに住みかえるのは、心が軽くなっておすすめです。

Jさんから皆さまへ 歳を重ねて所有するものも増え、その分、負担も増えます。<br>体が元気な50代60代のうちに、いまの住まいを見直して<br>コンパクトに住みかえるのは、心が軽くなっておすすめです。

夢が叶った新しい住まいで新たな趣味、ギターを始めました。地元のギターサークルに入っています。
子どもの学校イベントで披露するのが今の目標です。

もともと犬を飼っていて、毎日散歩に行っていたこともあり、井の頭公園は大好きな場所。
今回の売却成功を祈願するため、売却物件のチラシを持って、弁財天さまにお参りにも行ったのもいい思い出です。

営業担当者プロフィール

担当者近影

住友不動産販売 吉祥寺営業センター

柘原誠

得意エリア
武蔵野市・三鷹市・杉並区・中野区・練馬区
得意沿線
JR中央線、東京メトロ丸の内線・京王井の頭線・山手線
趣味
ジョギング
コメント
お客様よりご満足いただける取り引きをする為に常にベストな提案をするように心掛けています。今後も一所懸命頑張ります。

バックナンバー