戻る

住まいの売却成功談 第9回

  • facebookでリンクをシェア
  • ツイートする

バックナンバー

住まいの売却成功談 ~売主様インタビュー~ 住まいの売却成功談 ~売主様インタビュー~

「不動産を売却する」…人生で何度も経験するものではありません。
だからこそ失敗しないよう、経験者のお客様の成功談から、"売却のコツ"を一緒につかんでいきましょう!

営業担当者 住友不動産販売 渋谷営業センター 小池寛義 × 今回の売主様 東京都・港区在住 S.M.さん営業担当者 住友不動産販売 渋谷営業センター 小池寛義 × 今回の売主様 東京都・港区在住 S.M.さん

第9回スキップフロア構造など戸建て売却の制約乗り越え、理想の住まい実現

子どもが独立し、夫婦2人になった現在のライフステージに合わせて、長年暮らした3階建ての一軒家からの住み替えを決めたS.M.さん。希望価格と査定額とのズレといった、売却時に直面するいくつかの問題を営業担当とともに、どう乗り越えてきたのでしょう。理想の住まいが実現したという新居のタワーマンションにお邪魔して、お話を伺いました。

お引っ越しされてまだ1週間も経たないお忙しいなか、お邪魔させていただきます。前のお住まいの一戸建て売却と同時に、こちらの新居も私からご案内させていただきましたが、リフォーム後のお部屋を見せていただくのは初めてです。オープンカウンターのキッチンもテレビ棚もモダンで素敵ですね。住み心地はいかがですか?

大満足です。26階からの眺めも最高ですが、タワーマンションならではの24時間有人の管理体制や住民専用のコンビニの併設、何より玄関の戸締まり一つで安心して外出できるのがいいですね。
そもそも以前の住まいの売却を考えたきっかけは、防犯面への不安からでした。30年住んだ愛着のある我が家でしたが、子どもも独立し、夫婦2人には広すぎる一軒家では、旅行時はもちろん日々の防犯対策が悩みの種でした。また、洗濯物を屋上に干すための階段の上り下りなど生活しづらくなってきている部分もあり、それよりは利便性がよく、安全性が高い、生活しやすいところに引っ越したいという思いが強くなっていきました。「断捨離」や「終活」という言葉を耳にする度に、そろそろ売却のタイミングかなぁと考えてもいましたしね。そこで、子どもたちや兄弟にも相談し、住友不動産の知人の紹介でお邪魔した住友不動産販売の渋谷営業センターで担当してくださったのが小池さんでした。

そうでしたね。S.M.さんのお宅は緑が多い人気エリアの東南角地で、2方向が公道に面している好条件の物件でした。ただ、間取りを変えるなどリフォームを希望する場合、鉄筋コンクリート造で、かつ2階部分が段差のあるスキップフロア構造になっているため、手間とコストがかかることが売却時にネックとなる可能性がありました。
とはいえ、もともと建築費をかけて丈夫に造られた物件ですし、S.M.さんにとっては愛着のあるご自宅です。ですから、当初はS.M.さんのご希望に近い価格から売却を開始しました。しかしながら、やはりリフォームや解体に通常より費用がかかるという点が壁となり、開始から1カ月ほどお客様の案内が入らない状況でした。そこで、価格を見直すご提案をさせていただきました。

まるでホテルのようなロビーや中庭も、タワーマンションならでは。新居探しは20軒前後に及びましたが、こちらのマンション内覧時、絶対ここに住む! と決めたそう。

まるでホテルのようなロビーや中庭も、タワーマンションならでは。新居探しは20軒前後に及びましたが、こちらのマンション内覧時、絶対ここに住む! と決めたそう。

自宅はバブル絶頂期のサラリーマン時代に建てたもので、当時の価格を考えると、値段を下げるのには抵抗がありました。私は建設会社に40年勤めていたので、不動産売買の相場もある程度分かっているという思いもありました。しかし、頑丈に建てた分、リフォームや解体が難しく費用がかかり、結果、物件としての坪単価が上がってしまい、その坪単価はこのエリアでは割高だと小池さんから説明を受けました。買う側の立場になって考えると、価格の見直しはやむを得ないと納得しました。

リフォームを考える方、建て替えを考える方、それぞれのお客様に向けて見積もりを用意し、新価格で売却を再開したところ、10組前後の内覧予約が入りました。ところが実際に物件を見ていただくと、間取りで足踏みされるお客様が多く…。最近は広いリビングが人気のため、スキップフロア構造という凝った造りゆえ間取りが変えられないという点でみなさん悩まれ、なかなか決まらない状況が続きました。
いま一度、物件に合う買主様を再考するなかで、以前からお付き合いのある不動産会社が思い当たりました。物件からほど近い場所にあり、その地域の価値をよく理解している不動産会社のため、好条件だということをしっかり説明すれば高価格で購入いただけるのではと思いました。なおかつ不動産会社は、仮にリフォームや建て替えなどをすることになった場合も、建物や土地の活用の幅が広く、契約後に生じるかもしれない事態等を認識しての購入となるため、売却先として望ましいと判断し、その旨をS.M.さんにお伝えしました。

この頃にはすでに売却後の住み替え先の場所や広さについて、具体的なイメージをふくらませると同時に、そこにかかる費用を試算していました。もちろん希望の価格はありますが、一方で売却した後に始まる新しい生活にはこれだけあれば大丈夫という最低ラインの金額も決めていました。小池さんにお願いして、住み替え先の物件もいくつか内覧していたので、不動産会社に検討いただいているという話を聞いた時は「これで次の住まい探しにやっと踏み出せる!」という安心感が大きくなりました。

今回は売却物件そのものが不動産会社に適していたケースですが、売主様が住み替えを希望されている場合は売却資金で住み替え先を購入するケースが多いため、不動産会社を売却先として検討することは多々あります。不動産会社は一般のお客様に比べて契約後のトラブルも少なく、物件の引渡し時期なども調整しやすいからです。
S.M.さんは将来的にどういう所に住んで、どんな生活を送りたいかという売却後のライフスタイルをしっかりイメージされていたので、その実現に向かって、価格見直しのご提案や売却先に不動産会社を検討するなど営業活動の各ポイントで、迷わず突き進むことができました。何より売却を絶対に成功させるぞ!という、いいプレッシャーになりましたね(笑)。

おかげさまで、売却もその後の住み替えも大成功だと感じています。今回の売却にあたり多少の不安があったため、不動産売買に精通した友人に同席してもらったりもしたのですが、小池さんはその友人に対しても、とても丁寧に対応してくださいました。小池さんに対する信頼感が増した理由の一つです。
新居のリフォームは住友不動産販売のグループ会社にお願いしたのですが、こちらの担当者の方にもプロの視点から幅広いアドバイスをいただきました。私の場合、壁紙は白一色にするのではなく違う色を入れることでアクセントになり、空間がよりモダンな印象になるなど、的確なアドバイスをいただき、住み替え後のリフォームまでトータルでサポートいただくことで、思い描いていた通りの住まいづくりが実現しました。
ライフステージに合った住まいで、新しい生活をスタートさせるのは本当に気分がいいものです。以前の住まいのご近所で仲良くしていた友人に会う機会があるのですが、今回のスムーズな住み替えやいまの暮らしぶりは羨ましがられます。だから、みんなに「小池さん、紹介するよ」と言ってるんです(笑)。

今回のワンポイント

写真

S.M.さん:
未来に向かって夢を持ちながら、売却後どういう所に住んで、どんな生活を送りたいかを具体的にイメージすることで、価格を含め思い切った決断ができました。

写真

小池:
物件を売って終わり…ではなく、その前後のお手伝いもお任せください。建て替えなどを想定した売却物件の見積書制作から住み替え先のリフォームまで、グループ会社の協力のもと売主様の希望の住まいづくりを実現します。

S.M.さんから皆さまへ住み替えで、安心かつ安全な生活を手に入れました。営業担当の方に「売却後、どんな生活を送りたいか」を伝えることは新生活実現への大きな一歩です。

S.M.さんから皆さまへ住み替えで、安心かつ安全な生活を手に入れました。営業担当の方に「売却後、どんな生活を送りたいか」を伝えることは新生活実現への大きな一歩です。

住まいのエピソード

いまの住まいは、内覧時に見たこの眺めで即決しました。妻の実家は東京タワーにほど近く、その東京タワーと海の両方が見渡せる。カーテンは常に開けっ放しにしていて、朝日から夜景まで存分に楽しんでいます。

リフォームしたオープンキッチンとリビングもとても気に入っています。朝食はこのカウンターでとっています。テレビは新調し、それに合わせて棚を造りました。リビングのソファからはテレビと外の美しい景色の両方が楽しめるんですよ。

営業担当者プロフィール

担当者近影

住友不動産販売 渋谷営業センター

小池寛義

得意エリア
城南エリア(渋谷区・目黒区・世田谷区・品川区・大田区) 都心エリア(港区・千代田区)
得意沿線
JR山手線、東急線各線、小田急線、日比谷線、南北線、銀座線、半蔵門線
趣味
ゴルフ
コメント
お客様が私たちに求めるサービスのレベルは、私たちが考えているよりも高いものだと考えております。常にお客様が望まれるもの以上のサービスをご提供出来るよう、日々精進しております!

バックナンバー