戻る

不動産ニュース

不動産ニュース

市況や業界動向、不動産投資などの不動産に関する
最新のニュースをお届けいたします。

市況や業界動向、不動産投資などの不動産に関する最新のニュースをお届けいたします。

2019年01月09日

空家対策計画、策定済み自治体5割に

今年度末に64%、高知県は全市区町で

 全国の自治体で、空き家対策の基本的な考え方や施策を示す空家等対策計画の策定が進んでいる。国土交通省と総務省が市区町村に行った調査によると、空家等対策計画を策定した市区町村の数は、昨年10月1日時点で、全市区町村の49%となる848団体となった。前回調査時(18年3月)から74団体の増加。今年度末には、全体の64.4%にあたる1122団体となる見込み。
 15年施行の空家等対策の推進に関する特別措置法(空家特措法)を受け、各自治体での計画策定が進む。策定を予定する市区町村数は696団体で、全体の40%。うち、今年度中の策定が274団体、19年度以降の策定が96団体、時期未定が326団体。一方、策定の予定がない自治体は、11%の197団体と、前回調査より17団体減った。都道府県別にみると、高知県では県内の市区町村全てで計画を策定済み。策定済み市区町村の割合をみると、富山県が93.3%、広島県が82.6%、石川県と滋賀県が78.9%と高かった。今年度末時点では、高知県に続き、愛媛県と大分県も100%となる見通し。一方、策定済み市区町村の割合が少なかったのは、沖縄県9.8%、熊本県22.2%、鳥取県26.3%、宮城県28.6%など。
 周辺の生活環境に悪影響を及ぼす「特定空家等」について、昨年4月1日~10月1日までの半年間に助言・指導を行った市区町村数は250団体で、措置件数は2408件。17年度の累計278団体、4271件と比較すると、積極的に対応する自治体が増えたことがうかがえる。また、財産管理制度の活用状況をみると、18年度上半期に41自治体で計52件活用されている。

(提供:日刊不動産経済通信)

査定依頼・売却相談はこちら(無料)

売却専用
フリーダイヤル

0120-60-6082

年中無休24時間受付

不動産査定
不動産売却

広告戦略からアフターフォローまで
マンツーマン営業体制

お問い合わせ時から、買主募集の広告戦略、ご契約、お引き渡し、アフターフォローまで、一貫した「マンツーマンの営業体制」により、お取引を責任を持って担当します。

地域に密着した営業ネットワーク
全国271店舗

全国に広がる271店舗の地元に精通した営業担当者だからこそ、地域に密着したお取引を行うことが可能です。
※2019年7月5日時点

多彩なメディアを活用した
広告ネットワーク

チラシや新聞折込広告の他、自社サイトや各種提携サイト※へ物件広告を行います。
※物件により掲載条件があります。

不動産売却

広告戦略からアフターフォローまで
マンツーマン営業体制

お問い合わせ時から、買主募集の広告戦略、ご契約、お引き渡し、アフターフォローまで、一貫した「マンツーマンの営業体制」により、お取引を責任を持ってご担当します。

地域に密着した営業ネットワーク
全国271店舗

全国に広がる271店舗の地元に精通した営業担当者だからこそ、地域に密着したお取引を行うことが可能です。
※2019年7月5日時点

多彩なメディアを活用した
広告ネットワーク

チラシや新聞折込広告の他、自社サイトや各種提携サイト※へ物件広告を行います。
※物件により掲載条件があります。

バックナンバー

市況・動向

TOPへ戻る