戻る

不動産ニュース

不動産ニュース

市況や業界動向、不動産投資などの不動産に関する
最新のニュースをお届けいたします。

市況や業界動向、不動産投資などの不動産に関する最新のニュースをお届けいたします。

2019年01月10日

空き家バンクに廃校や未利用公有地も

国交省、公的不動産も加え機能拡充

 国土交通省は、全国の空き家などの情報を掲載する「全国版空き家・空き地バンク」(以下、空き家バンク)に、公的不動産(PRE)の情報掲載を開始した。宅建業者などPRE活用の担い手が、PRE情報へアクセスしやすくする。絞り込み機能など検索性も強化することでPREの売買取引を促進させるのが狙い。
 全国には、廃校や職員宿舎、公有地などのPREが多数点在し、その有効活用が課題となっている。このうち自治体が所有するPREの情報は、同省のPREポータルサイトが一元的に集約して情報を掲載している。同サイトでは都道府県別の一覧表示にとどまっていたが、民間企業運営の空き家バンクでは、PRE特集ページを作成。物件情報について沿線、エリア、地図から絞り込むことができたり、物件種別も指定できたりと、検索性が向上されている。PRE情報の提供場所を増やすとともに、検索機能も充実させることで、PREを取得し事業活用を検討する宅建業者らが情報にアクセスしやすくなる。
 空き家バンクは18年4月から運営がスタートした。公募によって選定された事業者(アットホーム、LIFULL)が運営する2サイトがある。18年12月時点で空き家バンクには558自治体が参加し、延べ9000件の空き家などの情報が掲載されている。このうち成約に至った物件数は累計1300件超。これまでは個人所有の空き家などが主体の掲載だったが、閲覧数も多く成約実績もある空き家バンクにPREも加えることで、PRE取引の円滑化と有効活用を促進する。PRE情報は民間2社がそれぞれ全国自治体に働きかけ、許可を得たものを順次掲載、増やしていく。

(提供:日刊不動産経済通信)

査定依頼・売却相談はこちら(無料)

売却専用
フリーダイヤル

0120-60-6082

年中無休24時間受付

不動産査定
不動産売却

広告戦略からアフターフォローまで
マンツーマン営業体制

お問い合わせ時から、買主募集の広告戦略、ご契約、お引き渡し、アフターフォローまで、一貫した「マンツーマンの営業体制」により、お取引を責任を持って担当します。

地域に密着した営業ネットワーク
全国271店舗

全国に広がる271店舗の地元に精通した営業担当者だからこそ、地域に密着したお取引を行うことが可能です。
※2019年7月5日時点

多彩なメディアを活用した
広告ネットワーク

チラシや新聞折込広告の他、自社サイトや各種提携サイト※へ物件広告を行います。
※物件により掲載条件があります。

不動産売却

広告戦略からアフターフォローまで
マンツーマン営業体制

お問い合わせ時から、買主募集の広告戦略、ご契約、お引き渡し、アフターフォローまで、一貫した「マンツーマンの営業体制」により、お取引を責任を持ってご担当します。

地域に密着した営業ネットワーク
全国271店舗

全国に広がる271店舗の地元に精通した営業担当者だからこそ、地域に密着したお取引を行うことが可能です。
※2019年7月5日時点

多彩なメディアを活用した
広告ネットワーク

チラシや新聞折込広告の他、自社サイトや各種提携サイト※へ物件広告を行います。
※物件により掲載条件があります。

バックナンバー

市況・動向

TOPへ戻る