戻る

不動産ニュース

不動産ニュース

市況や業界動向、不動産投資などの不動産に関する
最新のニュースをお届けいたします。

市況や業界動向、不動産投資などの不動産に関する最新のニュースをお届けいたします。

2019年02月26日

国内不動産取引、長期プレイヤーが過半

不動研調査、「クラッシュしにくい」

 日本不動産研究所が実施した国内不動産取引の調査によると、18年下期は取引総額は減少したものの、長期保有を前提とした投資プレイヤーの取得割合が過半を占めたことが明らかになった。長期プレイヤーの比率が大きいと、一気に物件が売却される事態は起きにくいとみられ「クラッシュしにくい構造になっている」と同研究所は指摘している。
 公表されている不動産の取引事例を同研究所が集計・分析したところ、18年下期の取引額は1兆6116億円で、18年上期の2兆3037億円から減少。一方、Jリートと国内外の機関投資家を足した長期プレイヤーの取得割合は52%を占めた。対照的に、外資系プレイヤーの割合は17年下期には23%まで拡大していたが18年下期は7%に低下していた。外資系ファンドは、バルク案件などを対象とするオポチュニティ投資を主戦場としてきたが、その動きが一巡し、売却を優先した一方、国内外の機関投資家やJリートが大型ビルや新築レジなどを厳選して取得するコア投資の割合が増えていることが背景にあるとみられる。
 さらに、外資系の「コア化」傾向も最近はみられ、電鉄や電力などインフラ系企業のコア投資も活発になっており、実際の長期プレイヤーの割合は調査結果よりも拡大する可能性が高い。また、高値圏のマーケットにおいて長期プレイヤーの割合が過半を占めるのは「初めてではないか」(横尾崇尚・金融ソリューション部市況モニタリング室長)とも指摘している。リーマンショック前の長期プレイヤーの割合は20%台だった。同研究所はこうした市況モニタリングの結果を「不動産市場予兆管理」として官公庁や機関投資家、デベロッパーなど約40社に提供している。

(提供:日刊不動産経済通信)

査定依頼・売却相談はこちら(無料)

売却専用
フリーダイヤル

0120-60-6082

年中無休24時間受付

不動産査定
不動産売却

広告戦略からアフターフォローまで
マンツーマン営業体制

お問い合わせ時から、買主募集の広告戦略、ご契約、お引き渡し、アフターフォローまで、一貫した「マンツーマンの営業体制」により、お取引を責任を持って担当します。

地域に密着した営業ネットワーク
全国270店舗

全国に広がる270店舗の地元に精通した営業担当者だからこそ、地域に密着したお取引を行うことが可能です。
※2019年10月1日時点

多彩なメディアを活用した
広告ネットワーク

チラシや新聞折込広告の他、自社サイトや各種提携サイト※へ物件広告を行います。
※物件により掲載条件があります。

不動産売却

広告戦略からアフターフォローまで
マンツーマン営業体制

お問い合わせ時から、買主募集の広告戦略、ご契約、お引き渡し、アフターフォローまで、一貫した「マンツーマンの営業体制」により、お取引を責任を持ってご担当します。

地域に密着した営業ネットワーク
全国270店舗

全国に広がる270店舗の地元に精通した営業担当者だからこそ、地域に密着したお取引を行うことが可能です。
※2019年10月1日時点

多彩なメディアを活用した
広告ネットワーク

チラシや新聞折込広告の他、自社サイトや各種提携サイト※へ物件広告を行います。
※物件により掲載条件があります。

バックナンバー

市況・動向

TOPへ戻る