戻る

不動産ニュース

不動産ニュース

市況や業界動向、不動産投資などの不動産に関する
最新のニュースをお届けいたします。

市況や業界動向、不動産投資などの不動産に関する最新のニュースをお届けいたします。

2019年03月08日

都心のオフィス賃料は62カ月連続で上昇

三鬼とJLL調査、空室率1%割れ続く

 三鬼商事とジョーンズラングラサール(JLL)は7日、19年2月末時点の都心5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)のオフィスビル市況を公表した。三鬼商事の調査結果では、5区の月額坪当たり平均賃料が前月比0.43%増の2万1101円と62カ月連続で上昇。JLLの調査では5区のAグレードオフィス(地上20階建て以上、延床面積3万㎡以上)の空室率が0.9%と2カ月連続で1%台を下回るなど、都心でオフィス不足の傾向が強まっている。
 三鬼商事によると、基準階面積100坪以上の大型ビルの平均空室率は前月比0.04ポイント減の1.78%となった。空室率低下は7カ月連続。新旧施設の空室率は、新築ビルが3.17%(前月比0.04ポイント減)、既存ビルが1.75%(0.03ポイント減)。アベマタワーズ(渋谷区)など新築ビル5棟が満室や高稼働率で竣工した一方、既存ビルの一部で大型の解約があり、空室率の減少幅が抑えられた。地区別の空室率では5区ともに前月・前年実績を下回り、最高は中央区の2.40%(前月比0.02ポイント減、前年同月比2.13ポイント減)、最低は渋谷区の1.08%(同0.18ポイント減、0.44ポイント減)。賃料上昇率は渋谷区が5区で最も高く、前月比283円増の2万2890円だった。
 一方、JLLの集計では、Aグレードオフィスの賃料は前月比0.4%増、前年比4.6%増の3万8488円に。赤坂・六本木や品川、大手町、丸の内などのエリアが全体賃料を底上げし、8カ月連続で上昇した。空室率は前月比で横ばい、前年比では1.2ポイント減の0.9%。企業の増床意欲が引き続き旺盛で、今年1~2月の新規供給床3万1000㎡を吸収した。

(提供:日刊不動産経済通信)

査定依頼・売却相談はこちら(無料)

売却専用
フリーダイヤル

0120-60-6082

年中無休24時間受付

不動産査定
不動産売却

広告戦略からアフターフォローまで
マンツーマン営業体制

お問い合わせ時から、買主募集の広告戦略、ご契約、お引き渡し、アフターフォローまで、一貫した「マンツーマンの営業体制」により、お取引を責任を持って担当します。

地域に密着した営業ネットワーク
全国271店舗

全国に広がる271店舗の地元に精通した営業担当者だからこそ、地域に密着したお取引を行うことが可能です。
※2019年7月5日時点

多彩なメディアを活用した
広告ネットワーク

チラシや新聞折込広告の他、自社サイトや各種提携サイト※へ物件広告を行います。
※物件により掲載条件があります。

不動産売却

広告戦略からアフターフォローまで
マンツーマン営業体制

お問い合わせ時から、買主募集の広告戦略、ご契約、お引き渡し、アフターフォローまで、一貫した「マンツーマンの営業体制」により、お取引を責任を持ってご担当します。

地域に密着した営業ネットワーク
全国271店舗

全国に広がる271店舗の地元に精通した営業担当者だからこそ、地域に密着したお取引を行うことが可能です。
※2019年7月5日時点

多彩なメディアを活用した
広告ネットワーク

チラシや新聞折込広告の他、自社サイトや各種提携サイト※へ物件広告を行います。
※物件により掲載条件があります。

バックナンバー

市況・動向

TOPへ戻る