戻る

不動産ニュース

不動産ニュース

市況や業界動向、不動産投資などの不動産に関する
最新のニュースをお届けいたします。

市況や業界動向、不動産投資などの不動産に関する最新のニュースをお届けいたします。

2019年05月16日

3月の建設工事、民間からの受注大幅増

国交省調査、再開発要因・駆込みは否定

 国土交通省は15日、3月の「建設工事受注動態統計調報告」をまとめた。3月の受注高は前年同月比30.2%増の12兆9024億円となった。元請受注高は同38.4%増の10兆1295億円、下請受注高は同7.0%増の2兆7728億円。元請受注高のうち民間等からの受注高が同50.6%増の7兆6992億円となり、集計方法を改めた13年以降で最高を記録した。
 民間等からの受注工事のうち、1件5億円以上の建築工事・建築設備工事の受注額は同115.6%増の3兆2023億円で大幅増。発注者別にみると、受注工事額が最も高かったのはサービス業の1兆4141億円で、同364.2%増。不動産業は同47.7%増の9134億円だった。発注者別・工事種類別にみると、サービス業の「住宅」が4098億円、次いで不動産業からの「住宅」が3877億円で多かった。サービス業には教育機関(住宅=学生寮)や市街地再開発組合(複合タワー物件など)が含まれる。
 3月までの工事契約は引き渡しが10月を過ぎても工事費にかかる消費税率は8%が適用される。民間からの受注の大幅増について国交省は「契約を急ぐ事例や計画的に契約した事例があると考えられる」としながらも、大きく伸びた要因の「サービス業」の中身は複数の東京都心部の再開発案件だったこと、5億円に満たない個人の住宅は調査対象外であることから「駆け込みとは認識していない」としている。
 18年度の受注高は同4.3%増の86兆9379億円となった。うち元請受注高は同4.2%増の60兆2323億円、下請受注高は同4.5%増の26兆7056億円。発注者別では、公共機関からは15兆5942億円。民間等からの発注は同6.7%増の44兆6381億円。

(提供:日刊不動産経済通信)

査定依頼・売却相談はこちら(無料)

売却専用
フリーダイヤル

0120-60-6082

年中無休24時間受付

不動産査定
不動産売却

広告戦略からアフターフォローまで
マンツーマン営業体制

お問い合わせ時から、買主募集の広告戦略、ご契約、お引き渡し、アフターフォローまで、一貫した「マンツーマンの営業体制」により、お取引を責任を持って担当します。

地域に密着した営業ネットワーク
全国271店舗

全国に広がる271店舗の地元に精通した営業担当者だからこそ、地域に密着したお取引を行うことが可能です。
※2019年7月5日時点

多彩なメディアを活用した
広告ネットワーク

チラシや新聞折込広告の他、自社サイトや各種提携サイト※へ物件広告を行います。
※物件により掲載条件があります。

不動産売却

広告戦略からアフターフォローまで
マンツーマン営業体制

お問い合わせ時から、買主募集の広告戦略、ご契約、お引き渡し、アフターフォローまで、一貫した「マンツーマンの営業体制」により、お取引を責任を持ってご担当します。

地域に密着した営業ネットワーク
全国271店舗

全国に広がる271店舗の地元に精通した営業担当者だからこそ、地域に密着したお取引を行うことが可能です。
※2019年7月5日時点

多彩なメディアを活用した
広告ネットワーク

チラシや新聞折込広告の他、自社サイトや各種提携サイト※へ物件広告を行います。
※物件により掲載条件があります。

バックナンバー

市況・動向

TOPへ戻る