戻る

不動産ニュース

不動産ニュース

市況や業界動向、不動産投資などの不動産に関する
最新のニュースをお届けいたします。

市況や業界動向、不動産投資などの不動産に関する最新のニュースをお届けいたします。

2019年05月28日

横浜のオフィスが実需・投資両面で人気

企業ら集積、今後2年で賃料10%強上昇

 横浜市のオフィス需要が高まっている。企業らの出店が相次ぐみなとみらい地区が牽引役となり、実需と投資の両面で市場が成長している。大型ビルの供給が続く同地区には、東京よりも割安な賃料や行政の手厚い立地補助などにひかれて多くの企業が進出。CBREによると、市内のオフィス空室率は18年第1四半期から今期までに4.9%から1.6%に低下した一方、賃料は4.6%上がった。今後2年でさらに10.5%値上がりすると同社は予測している。
 横浜市にはオフィスビルのストックが約38万坪あるとされ、23年までに新たに7万坪が市場に出る見通し。ITや自動車関連などの企業が研究開発への投資を増やす中、東京よりも借りやすい大型ビルが豊富なみなとみらいの人気が特に高まっている。三幸エステートの調査では、横浜市のオフィス賃料(200坪以上、4月30日時点)は前月比3.56%増の1万5200円と、東京都心5区平均の2万9882円の半額程度にとどまる。空室率は横浜市が1.79%、都心5区が0.64%と都心よりも場所に余裕がある。
 三鬼商事によると、関内・横浜駅周辺・新横浜の4月の平均賃料は1万1545円と、19カ月連続で前月実績を上回った。みなとみらいの賃料は1年で1万8498円から1万9342円に上昇した。賃料が上がる横浜は投資家の目には魅力的に映る。オフィスの期待利回りは東京・大手町の3.43%に対し、横浜は4.65%と高い。横浜では17~18年のオフィスへの年間投資額が、16年以前の4年間に比べ250%増と大きく増えた。20年の大量供給で空室増加と賃料下落が懸念される東京を避け、横浜への投資を拡大する傾向が表れつつある。

(提供:日刊不動産経済通信)

査定依頼・売却相談はこちら(無料)

売却専用
フリーダイヤル

0120-60-6082

年中無休24時間受付

不動産査定
不動産売却

広告戦略からアフターフォローまで
マンツーマン営業体制

お問い合わせ時から、買主募集の広告戦略、ご契約、お引き渡し、アフターフォローまで、一貫した「マンツーマンの営業体制」により、お取引を責任を持って担当します。

地域に密着した営業ネットワーク
全国271店舗

全国に広がる271店舗の地元に精通した営業担当者だからこそ、地域に密着したお取引を行うことが可能です。
※2019年7月5日時点

多彩なメディアを活用した
広告ネットワーク

チラシや新聞折込広告の他、自社サイトや各種提携サイト※へ物件広告を行います。
※物件により掲載条件があります。

不動産売却

広告戦略からアフターフォローまで
マンツーマン営業体制

お問い合わせ時から、買主募集の広告戦略、ご契約、お引き渡し、アフターフォローまで、一貫した「マンツーマンの営業体制」により、お取引を責任を持ってご担当します。

地域に密着した営業ネットワーク
全国271店舗

全国に広がる271店舗の地元に精通した営業担当者だからこそ、地域に密着したお取引を行うことが可能です。
※2019年7月5日時点

多彩なメディアを活用した
広告ネットワーク

チラシや新聞折込広告の他、自社サイトや各種提携サイト※へ物件広告を行います。
※物件により掲載条件があります。

バックナンバー

市況・動向

TOPへ戻る