戻る

不動産ニュース

不動産ニュース

市況や業界動向、不動産投資などの不動産に関する
最新のニュースをお届けいたします。

市況や業界動向、不動産投資などの不動産に関する最新のニュースをお届けいたします。

2019年06月03日

4月住宅着工、マンション9カ月ぶり減

国交省、大阪が大幅減・用地仕入れ難か

 国土交通省が5月31日に発表した4月の「建築着工統計調査報告」によると、新設住宅着工戸数は前年同月比5.7%減の7万9389戸で、5カ月ぶりの減少となった。新設住宅着工床面積も2.5%減の653万2000㎡で7カ月ぶりに減少。季節調整済年率換算値は前月比5.8%減の93万1000戸となり、3か月ぶりの減少だった。
 持家は前年同月比9.2%増の2万5436戸で7カ月連続の増加。貸家は16.7%減の2万9511戸で8カ月連続の減少となった。このうち民間資金による貸家は16.2%減の2万6418戸で23カ月連続の減少。分譲住宅は6.0%減の2万3411戸で、9カ月ぶりの減少だった。分譲住宅のうち、マンションは15.1%減の1万480戸で、こちらも9カ月ぶりに減少した。一戸建ては3.0%増の1万2698戸で、5カ月連続の増加だった。
 圏域別に分譲マンションの着工戸数をみると、首都圏は8.6%減の5059戸。特に減ったのは埼玉県の256戸で56.8%減。中部圏は60.8%減の394戸。中部では愛知県の327戸・66.5%減が大きかった。近畿圏は17.5%減の2582戸。大阪府の52.7%減の1052戸は、戸数ベースでは最大の減少で、分譲マンション全体のマイナスに影響した。同省は、「タイミング的に用地仕入れが少なかったためと考えられ、一時的なもの」とみている。
 全建築物の着工床面積は4.4%減の1122万㎡で、3カ月連続の減少。民間建築主の居住用床面積は4.4%減の670万㎡で、5カ月ぶり減少。非居住用は4.2%減の394万㎡で3カ月連続の減少。

(提供:日刊不動産経済通信)

査定依頼・売却相談はこちら(無料)

売却専用
フリーダイヤル

0120-60-6082

年中無休24時間受付

不動産査定
不動産売却

広告戦略からアフターフォローまで
マンツーマン営業体制

お問い合わせ時から、買主募集の広告戦略、ご契約、お引き渡し、アフターフォローまで、一貫した「マンツーマンの営業体制」により、お取引を責任を持って担当します。

地域に密着した営業ネットワーク
全国271店舗

全国に広がる271店舗の地元に精通した営業担当者だからこそ、地域に密着したお取引を行うことが可能です。
※2019年7月5日時点

多彩なメディアを活用した
広告ネットワーク

チラシや新聞折込広告の他、自社サイトや各種提携サイト※へ物件広告を行います。
※物件により掲載条件があります。

不動産売却

広告戦略からアフターフォローまで
マンツーマン営業体制

お問い合わせ時から、買主募集の広告戦略、ご契約、お引き渡し、アフターフォローまで、一貫した「マンツーマンの営業体制」により、お取引を責任を持ってご担当します。

地域に密着した営業ネットワーク
全国271店舗

全国に広がる271店舗の地元に精通した営業担当者だからこそ、地域に密着したお取引を行うことが可能です。
※2019年7月5日時点

多彩なメディアを活用した
広告ネットワーク

チラシや新聞折込広告の他、自社サイトや各種提携サイト※へ物件広告を行います。
※物件により掲載条件があります。

バックナンバー

市況・動向

TOPへ戻る