戻る

不動産ニュース

不動産ニュース

市況や業界動向、不動産投資などの不動産に関する
最新のニュースをお届けいたします。

市況や業界動向、不動産投資などの不動産に関する最新のニュースをお届けいたします。

2020年05月11日

3月の住宅着工7%減、コロナ影響まだ

国交省、19年度着工は88.3万戸に減少

 国土交通省は、3月の「建築着工統計調査報告」をまとめた。新設住宅着工戸数は7万729戸(前年同月比7.6%減)となり、9カ月連続で減少した。新設住宅着工床面積は584万8000㎡(7.5%減)で8カ月連続の減少。年率換算値では90万5000戸(前月比3.9%増)で2カ月連続で増加した。
 持家は2万2327戸(前年同月比0.3%減)で8カ月連続で減少、貸家は2万6545戸(6.6%減)で19カ月連続の減少となった。うち民間資金の貸家は2万2765戸(10.7%減)で34カ月連続減少。分譲住宅は2万1220戸(16.1%減)で5カ月連続の減少。うちマンションは9500戸(28.7%減)で前月の増加から再び減少となった。
 マンションは首都圏が5076戸(36.3%減)で、東京都の3393戸(45.1%減)への大幅減が目立った。東京は100戸以上の大規模物件が昨年3月は3791戸だったのに対し、今年3月は1440戸に減少したことが影響した。新型コロナウイルスの着工への影響について国交省は、「3月時点ではみられなかった。着工手続に影響が出るとすれば、緊急事態宣言の発出や、資材の遅れが明確になった4月からの可能性がある」とみる。
 また、国交省は同調査の19年度計もまとめた。19年度の新設住宅着工戸数は前年度比7.3%減の88万3687戸で、18年度の増加から減少に転じた。19年度の持家は28万3338戸(1.5%減)で18年度の増加から再び減少。貸家は33万4509戸(14.2%減)で3年度連続減。分譲マンションは11万1615戸(6.7%減)で18年度の増加から再び減少。一戸建ては14万6154戸(0.9%増)で5年度連続増。

(提供:日刊不動産経済通信)

査定依頼・売却相談はこちら(無料)

売却専用
フリーダイヤル

0120-566-742

年中無休24時間受付

不動産査定
不動産売却

広告戦略からアフターフォローまで
マンツーマン営業体制

お問い合わせ時から、買主募集の広告戦略、ご契約、お引き渡し、アフターフォローまで、一貫した「マンツーマンの営業体制」により、お取引を責任を持って担当します。

地域に密着した営業ネットワーク
全国272店舗

全国に広がる272店舗の地元に精通した営業担当者だからこそ、地域に密着したお取引を行うことが可能です。
※2020年4月16日時点

多彩なメディアを活用した
広告ネットワーク

チラシや新聞折込広告の他、自社サイトや各種提携サイト※へ物件広告を行います。
※物件により掲載条件があります。

不動産売却

広告戦略からアフターフォローまで
マンツーマン営業体制

お問い合わせ時から、買主募集の広告戦略、ご契約、お引き渡し、アフターフォローまで、一貫した「マンツーマンの営業体制」により、お取引を責任を持ってご担当します。

地域に密着した営業ネットワーク
全国272店舗

全国に広がる272店舗の地元に精通した営業担当者だからこそ、地域に密着したお取引を行うことが可能です。
※2020年4月16日時点

多彩なメディアを活用した
広告ネットワーク

チラシや新聞折込広告の他、自社サイトや各種提携サイト※へ物件広告を行います。
※物件により掲載条件があります。

バックナンバー

市況・動向

TOPへ戻る