戻る

不動産ニュース

不動産ニュース

市況や業界動向、不動産投資などの不動産に関する
最新のニュースをお届けいたします。

市況や業界動向、不動産投資などの不動産に関する最新のニュースをお届けいたします。

2020年07月27日

コロナ影響、不動産店舗への訪問自粛は緩和

ライフル調査、住替え・建替え検討は増加

 LIFULLは22日、第2回「新型コロナウイルス感染症の影響による生活者の住み替え行動に関する調査」の結果を公表した。住み替えや建て替えの検討者は全体の34.4%となり、前回4月調査時の25.1%から増加した。このうち約5割が様子見傾向で、前回多かった「延期」は減少した。感染拡大後の行動変化で、「不動産会社への訪問を控えた」は16.8%と、前回より4.2ポイント減少し緊急事態宣言が解除され、不安が和らいだとみる。
 調査は6月12~17日にインターネットで実施。回答数は17~49歳の男女4万件。検討している住まいの種類は賃貸が27.4%と最も多く、新築戸建て(建売)が22.9%、注文住宅が22.0%、新築分譲マンションが9.0%、中古マンションが8.2%、中古戸建てが7.7%だった。住み替えや建て替えの検討者のうち、「どうしたらよいかわからない・決めていない」という様子見状態が48.8%と前回より11.1ポイント増えたが、「予定通り行うつもり」も35.5%と13.7ポイント増加。「延期」は21.5ポイント減の13.4%と大幅に減少した。
 コロナによる困りごとや行動変化では、「不動産会社への訪問を控えた」に次ぎ、「内見をキャンセルした」が10.4%(前回より3.1ポイント減)、「モデルハウスや住まいの展示場が中止になった」が10.2%(1.0ポイント減)、「オンラインサービスを利用した」が9.7%(0.5ポイント減)と続いた。「延期」選択者のうち、不動産会社とのやり取りから内見、契約まですべてオンラインでできれば住まい探しを続けたかどうかでは、58.0%が「続ける」と回答。その割合は前回より15ポイント増えた。

(提供:日刊不動産経済通信)

査定依頼・売却相談はこちら(無料)

売却専用
フリーダイヤル

0120-566-742

年中無休24時間受付

不動産査定
不動産売却

広告戦略からアフターフォローまで
マンツーマン営業体制

お問い合わせ時から、買主募集の広告戦略、ご契約、お引き渡し、アフターフォローまで、一貫した「マンツーマンの営業体制」により、お取引を責任を持って担当します。

地域に密着した営業ネットワーク
全国272店舗

全国に広がる272店舗の地元に精通した営業担当者だからこそ、地域に密着したお取引を行うことが可能です。
※2020年4月16日時点

多彩なメディアを活用した
広告ネットワーク

チラシや新聞折込広告の他、自社サイトや各種提携サイト※へ物件広告を行います。
※物件により掲載条件があります。

不動産売却

広告戦略からアフターフォローまで
マンツーマン営業体制

お問い合わせ時から、買主募集の広告戦略、ご契約、お引き渡し、アフターフォローまで、一貫した「マンツーマンの営業体制」により、お取引を責任を持ってご担当します。

地域に密着した営業ネットワーク
全国272店舗

全国に広がる272店舗の地元に精通した営業担当者だからこそ、地域に密着したお取引を行うことが可能です。
※2020年4月16日時点

多彩なメディアを活用した
広告ネットワーク

チラシや新聞折込広告の他、自社サイトや各種提携サイト※へ物件広告を行います。
※物件により掲載条件があります。

バックナンバー

市況・動向

TOPへ戻る