戻る

不動産ニュース

不動産ニュース

市況や業界動向、不動産投資などの不動産に関する
最新のニュースをお届けいたします。

市況や業界動向、不動産投資などの不動産に関する最新のニュースをお届けいたします。

【STEPONニュース(無料)】
最新の市況をメールでお届けします!

不動産取引に役立つ、最新の市況や役立つ情報をいち早くメールでお知らせします。

2021年02月12日

20年の不動産投資額、5%増3.8兆円

CBRE、海外投資家の物件取得30%増

 20年通年の国内の事業用不動産(10億円以上、土地取引・JリートのIPO時取得物件除く)の投資額が、前年比5.2%増の3兆8480億円とコロナ禍にあって前の年を上回ったことがCBREの調べで分かった。国内投資家の投資額が15%減った一方、海外投資家による物件取得が30%増え、総額を底上げした。Jリートの投資規模も2%増加した。
 投資額の割合をアセット別にみると、首位はオフィスで総額の38%を占める。次点は活況が続く物流施設で、投資割合は27%と05年の調査開始以来、最高になった。3位は住宅で比率は18%。CBREの別の調査によると、投資対象として人気のアセットは21年も物流、オフィス、住宅の順。特に物流と住宅は取引利回りがさらに下がる可能性があると分析している。昨年の取引利回りは地方の物流施設が4%強、都心の住宅には3%台前半の事例もあったという。
 オフィスの売買は、昨年は東京都心での取引が少なく、年末時点で利回り上昇の兆しはみられないという。ただ賃貸オフィスはコロナ禍でテナント需要が鈍く、賃料下落と空室増加への懸念から投資家の引き合いが弱まりつつあると分析する。一方、地方は東京よりも需給の緩みが抑えられており、投資家の目が向く可能性があると予想している。
 20年第4四半期(4Q、10~12月)の事業用不動産の投資額は前年同期比7.6%増の1兆2040億円。海外投資家の投資が41%減の3140億円と前年同期の実績を大きく下回った一方、Jリートの投資規模が87%増の4930億円と大きく拡大した。

(提供:日刊不動産経済通信)

査定依頼・売却相談はこちら(無料)

売却専用
フリーダイヤル

0120-566-742

年中無休24時間受付

不動産査定
不動産売却

広告戦略からアフターフォローまで
マンツーマン営業体制

お問い合わせ時から、買主募集の広告戦略、ご契約、お引き渡し、アフターフォローまで、一貫した「マンツーマンの営業体制」により、お取引を責任を持って担当します。

地域に密着した営業ネットワーク
全国270店舗

全国に広がる270店舗の地元に精通した営業担当者だからこそ、地域に密着したお取引を行うことが可能です。
※2021年4月1日時点

多彩なメディアを活用した
広告ネットワーク

チラシや新聞折込広告の他、自社サイトや各種提携サイト※へ物件広告を行います。
※物件により掲載条件があります。

不動産売却

広告戦略からアフターフォローまで
マンツーマン営業体制

お問い合わせ時から、買主募集の広告戦略、ご契約、お引き渡し、アフターフォローまで、一貫した「マンツーマンの営業体制」により、お取引を責任を持ってご担当します。

地域に密着した営業ネットワーク
全国270店舗

全国に広がる270店舗の地元に精通した営業担当者だからこそ、地域に密着したお取引を行うことが可能です。
※2021年4月1日時点

多彩なメディアを活用した
広告ネットワーク

チラシや新聞折込広告の他、自社サイトや各種提携サイト※へ物件広告を行います。
※物件により掲載条件があります。

【STEPONニュース(無料)】
最新の市況をメールでお届けします!

不動産取引に役立つ、最新の市況や役立つ情報をいち早くメールでお知らせします。

バックナンバー

市況・動向

TOPへ戻る