不動産投資の魅力
老後の私的年金や副収入を得られるなど注目されている不動産投資の魅力をご紹介します。

不動産投資とは?

不動産投資とは、利益を得る目的で不動産事業に資金を投下することです。
一般的には、投資用の不動産を所有し、それを第三者に賃貸することによって、毎月の「家賃収入」により安定した投資利益を得る投資方法のことです。

不動産投資の特長

インカムゲイン、キャピタルゲイン

不動産投資では、インカムゲインとキャピタルゲインの2つにより利益を得ることができます。

インカムゲイン

資産を保有することで安定的・継続的に受け取ることのできる現金収入のことをインカムゲインと言います。

不動産投資の場合、マンションやアパートなどを第三者に貸して家賃収入を得ることを指します。

キャピタルゲイン

保有している資産の値段が変動することによって得られる収益のことをキャピタルゲインと言います。

不動産投資の場合、不動産購入時の金額よりも、高い価格で売却することにより得られる売却益のことを指します。

ミドルリスク・ミドルリターン

株式と比べると、不動産は価値の変化が緩やかですが、反面、株式よりも資産価値の下落に強く、ミドルリスクであると言われています。

一方、不動産で得る家賃収入は、株式の配当金よりも大きなリターンが見込めます。

不動産投資の種類

不動産投資は、現物の不動産に投資する方法だけでなく、小口化不動産や証券化不動産に投資する方法もあります。

アパートのイラスト

現物不動産投資

実際にアパートやマンションなどを購入し、そのオーナーとして賃料収入を得るものです。
一般的に、不動産投資と言うと、こちらを指します。

小口化不動産投資

不動産の投資額を少額にして、複数の投資家が共有持分権を持つことで投資する方法を、小口化不動産投資と言います。
現物不動産へ投資する場合、アパートやマンションなど現物不動産を購入するため、高額の費用が必要となります。
そこで、不動産会社などが複数の投資家からお金を集めて現物不動産を購入し、得られた賃貸収入を各投資家に分配します。
これにより、少額から不動産投資を始めることができます。

証券のイラスト

証券化不動産投資

証券化不動産投資は、投資法人が不動産を証券化して、投資家から資金を集めます。
この資金を使って不動産を購入して経営し、収益を投資家に配当します。
代表的なものにJ-REIT(不動産投資信託)などのファンドの購入があります。
少額から不動産投資が始められ、また、複数の不動産に投資できるため、リスクを分散することができます。

投資用不動産の購入をお考えの方は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

購入相談・お問い合わせはこちら

この記事の更新情報をメルマガでお知らせ!住友不動産販売の住まいのメールマガジン会員募集中です。住まい探しのお悩みを解決!詳しくはこちら


 
最近のバックナンバー
 
関連コンテンツ
 
※このデータは2013年07月現在のものです。 [本コンテンツの内容について] [住友不動産販売TOPへ]