健康宣言

住友不動産販売グループは、不動産取引を通じて「すべてのお客様に安心・満足・信頼」を頂けるよう、
多様化するお客様のニーズに応えるとともに、良質なサービスを提供する事を行動規範としております。

この顧客第一主義を実践し、持続的な経営目標を達成していくためには、職員1人ひとりが自らの能力を
最大限に発揮し、企業全体の生産性を向上させることが必要です。そのために、まず当社グループで働く
職員とその家族が心身ともに健康であり、公私ともに生き生きと充実した生活を送ることが重要であると
考え、健康維持向上に努めることを宣言します。

会長  岩井 重人
社長  田中 俊和



【自社の課題と目標】
①若年層メタボ率の抑制
 ⇒特定保健指導該当者を25%未満とする

②医療機関未受診者(高血糖者)の削減
 ⇒100%受診とする

③男性肥満率、喫煙率の抑制
 ⇒35%未満、30%未満とする



【課題解決のための取組みと平成27年度の成果】
①フィットネスクラブを利用した若年向け健康づくりプログラムの実施
 ⇒42名が参加し、約6割の腹囲・体重改善

②糖尿病重症化予防プログラムの実施
 ⇒対象者の20%を通院誘導

③ヘルスアップキャンペーンの実施
 ⇒春851名・秋859名が参加



これらの取組みを実施するために、職員やその家族の健康状態を早期に把握することが重要であると考え、当社では35歳以上の全職員および40歳以上の全被扶養者が人間ドックを無料で受診できる体制となっており、引き続き、健康経営に係る取組みを積極的に実施してまいります。

以 上

>トップページに戻る