戻る

住まいの売却成功談 第1回

  • facebookでリンクをシェア
  • ツイートする

バックナンバー

住まいの売却成功談 ~売主様インタビュー~ 住まいの売却成功談 ~売主様インタビュー~

「不動産を売却する」…人生で何度も経験するものではありません。
だからこそ失敗しないよう、経験者のお客様の成功談から、"売却のコツ"を一緒につかんでいきましょう!

今回の売主様 東京都・大田区在住 M.T様 × 営業担当者 住友不動産販売 本社営業センター 林 和治今回の売主様 東京都・大田区在住 M.T様 × 営業担当者 住友不動産販売 本社営業センター 林 和治

第1回売却で資産整理、
築40年マンションはこうして売れた

約2年前に資産整理の一環でマンションの売却を経験されたM.T.さん。売却当時から現在もお付き合いのある営業担当・林が現在のお住まいにお邪魔して、当時のエピソードやその後のライフスタイルについて、お話をうかがいました。

いまから20年ほど前にこちらのお住まいの建築を弊社グループで担当させていただいたのがそもそものご縁です。
代官山に所有されていたマンションを資産整理のため売却されたのは、約2年前ですね。入居されていた方が出られるというのがきっかけでした。

現在のお住まいにて。営業担当者・林とは、約2年前のマンションの売却から現在もお付き合いが続いています。現在のお住まいにて。営業担当者・林とは、約2年前のマンションの売却から現在もお付き合いが続いています。
現在のお住まいにて。営業担当者・林とは、約2年前のマンションの売却から現在もお付き合いが続いています。

そうですね。齢80歳を超え、そろそろ"売却で終活"の一環として資産整理を考え始めたタイミングでした。代官山という人気エリアとはいえ、所有していたマンションは築年数の経った古い物件、しかも当時、借主が事務所仕様にリフォームしていました。私自身も会社勤めのころに不動産部長の経験があり、売買契約がいかに難しく時間のかかることかは理解していました。そこで、以前、現住居の建築を依頼し、その誠意ある仕事ぶりに信頼をおいていた住友不動産に相談したところ、林さんを紹介してくださったというわけです。

売却をご検討されていたマンションは、好立地ではありましたが、その時点で築40年を超えていました。その先、10年20年住むことを考えると、築40年と50年では売り物件としての価値はまったく違ってきます。さらに室内は事務所仕様に改装されていて、当時の借主様とは話し合いを重ねたのですが、原状回復にご納得いただけず、結局、事務所仕様のまま購入いただける買主様をご紹介いたしました。 今回の売買契約については「安全なお取り引き」を最優先し、資金面の確認やトラブルを引き起こさないかなど、手順をしっかりふむことを心がけました。

写真写真

70年代後半に資産としてマンションを持つという夢を叶えてくれた愛着のある物件なので、当時の購入価格とまでは言わないものの、納得のいく価格で売却したい。そして、売主買主ともに紳士的に気持ちよく売買契約に至りたい。とはいえ、不動産は絶対に値崩れしないというバブル景気のころの"不動産神話"が崩壊し、価格が下落している今の時代に、それらの要望がそう簡単に実現するとは思っていませんでした。そんななか、営業担当としての職務を超えて、希望価格にこそ届かなかったものの、誠心誠意尽くしてくれた林さんには心から感謝しています。

こちらこそ、ご依頼いただけて光栄でした。
売却をスムーズに進められたのも、対面でじっくりとお話をお聞かせ頂いたことで、M.T.さんのご事情や想いを深く知ることができたからだと思うんです。
不動産売却における営業担当の仕事は買主様を探す作業ですので、本来なら賃貸の分野は対応範囲ではありません。ただ今回のケースのように、場合によっては入居者様とのお話し合いに同席してアドバイスさせていただくこともあります。
まずは売主様のご要望をうかがい、売却へのベストな道筋を考えます。M.Tさんの場合は"終活"の一環ということでしたので、なるべくスムーズに売買契約が進められるようなご提案をいたしました。
ご年齢やご事情が違えば、また違ったご提案になっていたかもしれません。

今回のワンポイント

写真

M.T.さん:
愛着ある物件なので納得のいく価格で売却することと、売主買主双方が気持ちよく取引できることにこだわり、とても満足のいく結果となりました。

写真

林:
心配事やお困り事… まずは言ってみる!ことが大事。
誠意ある営業担当者なら、ただ「売る」だけではなく、弁護士・税理士などの相談窓口紹介やトラブル対策など、お客様に合ったベストな道筋を提案してくれますよ。

M.T.さんから皆さまへ マンションの売却で「就活」を一歩進めることができました。売却で大切なことは、依頼する相手を見極めたら、「信頼すること、そして結果を容認すること」。不動産売買でなくても、言える事かもしれませんね。

M.T.さんから皆さまへ マンションの売却で「就活」を一歩進めることができました。売却で大切なことは、依頼する相手を見極めたら、「信頼すること、そして結果を容認すること」。不動産売買でなくても、言える事かもしれませんね。

住友不動産に建築を依頼した現在の住まいは築19年になりますが、重厚なレンガ調が印象的な外観をはじめ、とても気に入っています。
引退後の趣味は書と絵です。干支に一筆を添える作品は毎年の恒例になっていて、お世話になった方々にお配りしているんですよ。書と絵もそうですが、季節の花や植物などをリビングやダイニング、それぞれの部屋に飾って、日々の暮らしを楽しんでいます。

重厚な外観が印象的な現在のお住まい。
干支に一筆を添える作品は毎年の恒例。リビングや 玄関など、それぞれの部屋には季節の花を添えて。

営業担当者プロフィール

担当者近影

住友不動産販売 本社営業センター

林 和治

得意エリア
都内全域、特に職場に近い新宿区、渋谷区、世田谷区、杉並区のお取引が多いです。
得意沿線
新宿駅を中心にJR山手線、中央線、小田急線、京王線等
趣味
鉄道旅行、野球観戦
好きな映画
男はつらいよ 「寅さん」のDVDは全巻揃えました。

バックナンバー