戻る

住まいの売却成功談 第6回

  • facebookでリンクをシェア
  • ツイートする

バックナンバー

住まいの売却成功談 ~売主様インタビュー~ 住まいの売却成功談 ~売主様インタビュー~

「不動産を売却する」…人生で何度も経験するものではありません。
だからこそ失敗しないよう、経験者のお客様の成功談から、"売却のコツ"を一緒につかんでいきましょう!

今回の売主様 愛知県・名古屋市在住 T.R.さん × 営業担当者 住友不動産販売 名古屋営業センター 加藤卓哉今回の売主様 愛知県・名古屋市在住 T.R.さん × 営業担当者 住友不動産販売 名古屋営業センター 加藤卓哉

第6回タイミングぴったり!新居完成に合わせた売却作戦

二世帯住宅への住み替えを機にマンションの売却を決めたT.R.さん。営業担当は以前にもT.R.さんの売却のお手伝いをさせていただいた経験のある営業・加藤です。リピーターだからこその信頼関係があるものの、新居完成のタイミングに合わせた売買契約成立という難しい売却を、どのようにして実現させたのか―。T.R.さんご家族のこだわりがつまった新しい住まいに足を運び、お話を伺いました。

T.R.さんのご売却を担当させていただいたのは、今回のマンションで2軒目ですね。リピートでお声がけいただけるのはとても嬉しいです。前回もそうでしたが、今回の売却の成功には、T.R.さんご夫妻のお力添えが不可欠でした。

今回も、気心の知れた人に依頼したかったんです。1軒目で加藤さんに担当いただいたときに、スムーズに売れたという実績がありました。不動産を売って利益を上げたいわけではなく、1つ1つ整理しながら確実に家を売りたいという思いを、加藤さんが理解してくれていたことが大きかったですね。
不動産の売買は、まずはできることは全部やらなくてはいけない。でもそこから先は・・・最終的には運、じゃないでしょうか。以前の売却は、運も含めてとてもうまくいきました。

今回は住んでいらっしゃったマンションを売却し、新しく建てられた戸建への住み替えでしたね。T.R.さんがこだわられたのは、新居の完成と同時にマンションから移り住むという“売却のタイミング”でした。

そうですね。夫婦の間では「子どもが小学校に入学したら引っ越しは難しくなるから、住み替えするなら今のうちだね」という話をしていました。そんな折、住み替えを希望していたエリアに良い土地が見つかり、そこに両親と住むための二世帯住宅を建てることになったんです。新居が完成する翌年9月には引っ越ししようということになったので、そのタイミングでマンションの引き渡しをしたかった。借り暮らしは避けたかったんです。

広々としたリビングには、T.R.さんがこだわって選んだインテリアがセンスよく配されています。

広々としたリビングには、T.R.さんがこだわって選んだインテリアがセンスよく配されています。

マンションの売出しを始めたのが2015年6月で、お引っ越しが2016年9月ですから、引渡しは1年3ヵ月も先です。売却期間としては、大変長い事例でした。借り暮らしも無しで、とのご希望ですから、私にとっては、早すぎず、遅すぎずの売却タイミングを計ることが最大のポイントでした。
最初はウェブを中心に、長期的なスパンで物件購入を考えているお客様に向けて営業をスタートしました。今回の物件は築10年に満たない新しいマンションで、駅や公園も近く、さらに最上階の100平米を超える静かなお部屋という本当に良い物件でした。ですので最初はチャレンジ価格からスタートし、売却期限を半年きったあたりで再度相談して価格を改定し、その後すぐに内覧が決まりました。比較的高めの物件ですが、魅力をしっかりとお伝えしたうえで、実際に見ていただいたら絶対に気に入っていただける自信がありました。

内覧に至るまでに加藤さんとは密なやりとりをして準備をしていたので、内覧の時点ではある程度お任せするという感じでした。例えば、壁紙の汚れについて指摘された時のために壁紙をすべて張り替えた場合の費用をあらかじめ出してもらったり、部屋数が少ないと言われた時のためにリビングを壁で仕切った場合の費用を出してもらったり…。住まいのプロである加藤さんの目から見て予想される買主の方のニーズを、事前にシミュレーションしていたんです。だから「やることはやった」状態だったので、あとは加藤さんと、それから運に任せて(笑)、返事を待つ感じでした。

内覧にあたっては奥様がお部屋を綺麗に掃除してくださったことに加え、弊社の「ステップエスコート」のサービスをご活用いただきました。売主様にも買主様にもより安心して売買取引をしていただくためのサポートサービスですが、なかでも「マンションおそうじ」のサービスを使って、キッチン、バスルーム、トイレを、ハウスクリーニング専門のスタッフが清掃いたしました。水回りが綺麗だと内覧時の印象がグッとよくなるのでお勧めしたのですが、その甲斐もあって内覧から2週間後には無事、売買契約が締結しました。

加藤さんから「内覧いただいた方がかなり気に入ってくださっています」と聞いた時は、嬉しかったですね。その後は、「お買いもの(スーパー)はどこに行かれますか?」といった先方の質問に対してその日のうちに返信するなど、スピード感を意識しました。そこからは本当にトントン拍子でしたね。

買主の方はご夫婦だったのですが、眺めの良いルーフバルコニーや和室など、ニーズにぴったり合っていたので、内覧の時点で手応えを感じていました。あとは、物件のメリット、デメリットをきちんと説明したうえで、再度お勧めし、購入をご決断いただくというスムーズな流れでした。
新しいお住まいは二世帯住宅ですが、住み心地はいかがですか?

共有部分は建物のエントランスのみというほぼセパレートな造りなので、両親との距離は近いけれど、それぞれの生活空間は尊重されていて、とてもいい距離感を保てています。両親が住んでいる階上は壁がコンクリートの打ちっぱなしでまるでカフェのような空間で…。同じ建物内でもインテリアがまたぜんぜん違うのも二世帯住宅ならではですね。
子どもの成長や家族のこれからを見据えての住み替えでしたが、加藤さんとは、リピーターだからこその信頼関係でとてもスムーズにいきました。比較的短い期間で2回も家を売ることになるとは思ってもいませんでしたが、いまはとても満足しています。

今回のワンポイント

写真

T.R.さん:
加藤さんは私たちの意向を正確に把握してくださっていました。きっかり1年3ヵ月後の引渡し・・・という難しい売却にもかかわらず、焦ることなく売却を委ねられたのは信頼関係あってこそだと思います。

写真

加藤:
しっかりコミュニケーションをとったうえで、ある程度お任せいただいたのは営業活動を進めるにあたりプラスでした。T.R.さんにご利用いただいたお掃除以外にも様々なサポートサービスを用意していますので、ぜひご活用ください。

不動産売買はやることをやってしまえばあとは「ご縁」と「運」です。営業担当の方を信じて任せて、時を待ちましょう。

不動産売買はやることをやってしまえばあとは「ご縁」と「運」です。営業担当の方を信じて任せて、時を待ちましょう。

住まいのエピソード

新居の一番のこだわりは、開放感のあるオープンカウンターとアイランドキッチンです。以前の住まいはダイニングテーブルの使い勝手があまりよくなかったので、ソファで食事をしていたんです。子どもが大きくなっても、みんなで食事をしたり、集まれる場所にしたいですね。

屋上が広いところも気に入っています。人工芝を敷いているので、天気がいい日は子どもたちが走り回ってますよ。バーベキューセットもあるので、お友達を招いてのホームパーティーもすでに何度か開催しています。

営業担当者プロフィール

担当者近影

住友不動産販売  名古屋営業センター

加藤卓哉

得意エリア
名古屋市内、特に中区・東区を中心に多く取引をさせて頂いております。
得意沿線
地下鉄桜通線・東山線・名城線・鶴舞線、JR中央本線
趣味
スポーツ観戦
コメント
新卒入社以来、多くのご縁を頂きありがとうございます。
不動産という大きな資産のご売却・ご購入をお手伝いさせて頂く責任とやりがいを感じながら、日々業務に取り組んでおります。
お客様に最善の提案ができるように心掛けております。

バックナンバー