川越 かわごえ

「小江戸」と呼ばれ観光客が多く訪れる街
川越
「小江戸川越」の名で親しまれる、情緒あふれる街並みが魅力です。川越市のシンボル「時の鐘」は1996(平成8)年に「残したい日本の音風景100選」に選ばれました。1627〜1634(寛永4〜11)年の間に川越城主酒井忠勝が、城下多賀町(いまの幸町)に建てたといわれており、現在の鐘楼は、1893(明治26)年、川越大火の翌年に再建されたもので、今も1日4回鐘が鳴り、人々に時を知らせています。蔵造りの街並みは「重要伝統的建造物群保存地区」に選定され、和菓子店などの土産物店が並び、多くの観光客で賑わっています。昭和初期に菓子の製造・卸売をしていたという「菓子屋横丁」も飴屋などが並ぶ風情ある街並みです。「川越大師」の別名で知られる「喜多院」では、毎年1月3日に「だるま市」が行われ多くの人が訪れます。境内にある五百羅漢の石像も有名で、境内の建造物の多くが重要文化財に指定されています。

川越の不動産関連情報

営業マンから見た、【川越駅】エリア

東武線とJR線の2路線を利用できる駅で、風情ある街並みは「小江戸川越」として年間600万人もの観光客が訪れる人気の観光スポットとなっています。駅前には「エキア川越」や「アトレ川越」、「ルミネ川越店」、「川越マイン」などの商業施設も揃っており、観光だけでなく、住む環境としても利便性の高い駅となっています。

【川越駅】で利用できる路線と路線図 …各路線をクリックすると路線図を表示します

首都圏人気沿線ランキング

東急田園都市線
東急田園都市線
大都会・渋谷と緑豊かな中央林間を結ぶ田園都市線。
京王線
京王線
東京副都心(新宿・渋谷)と八王子・橋本を結ぶ京王線。
小田急線
小田急線
新宿から町田、そして小田原を結ぶ小田急線。

【川越駅】のおすすめマンション

サイトトップページはこちら本コンテンツの内容について