戻る

住まいの健康度チェック

[調査安心サポート]住まいの健康度チェック|住みかえサポート ステップエスコート|豊富なサービスでお住みかえに安心と安全を [調査安心サポート]住まいの健康度チェック|住みかえサポート ステップエスコート|豊富なサービスでお住みかえに安心と安全を

お住まいの既存住宅を、当社委託会社の専門の検査員がチェックし、診断結果をレポートにまとめてご報告します。

当社負担の調査でお住まいの建物状況を知ることができます。
売主様、買主様共に安心してお取引きいただけます。

検査費用無料

調査対象

  • 雨漏り
  • 給排水管
  • 構造耐力上主要な部分の腐食

どうしてホームインスペクション(住まいの健康度チェック)をするの?

宅建業法が改正され、2018年4月1日より建物状況調査に関する項目が追加されました。既存住宅の売却・購入をご検討いただく際、宅地建物取引業者よりご売却希望者、ご購入希望者に建物状況調査の内容についてご説明するとともに、調査の斡旋をご希望されるかどうかについて確認することになっています。また、調査を行った物件は調査結果について売買契約前に重要事項として説明することが義務付けられました。

建物検査はメリットがいっぱい

中古住宅の購入を検討している方にとって、土地や価格、間取りはもちろん、住宅の状況を把握することは重要なポイントです。ホームインスペクションをすることで「検査済み物件」であることがアピールでき、付加価値のある物件として購入希望者へ案内することができます。

ご売却不動産の引渡し後に構造耐力上主要な部分の腐食や雨漏り、給排水管の故障などが見つかった場合、「契約不適合責任」により、その補修費用などを売主様が負担しなければなりません。売却活動のスタート時に調査のプロによる建物検査を実施しておくことで、購入希望者様に対しても調査の結果に基づいて建物の現況を説明することが出来るのでお住まいの現況を詳しく知ることができ、ご売却した後に欠陥や不具合が発見されトラブルになることを未然に防止することが期待されています。
契約不適合責任とは、売買物件に欠陥・不具合があった場合、売主様が引渡しより3ヶ月間買主様に負う責任のことです。

戸建の検査箇所

「構造耐力上必要な部分に係るもの」「雨水の浸入を防止する部分に係るもの」の図

1
バルコニー
ひび割れ、劣化
2
外壁
ひび割れ、欠損、はがれ、サッシの周囲の隙間、開閉不良
3
土台
ひび割れ、劣化
4
基礎
ひび割れ、欠損、劣化
5
床・壁
著しい沈み、傾斜
6
柱および梁
劣化、傾斜
1
屋根裏
劣化状況の確認
2
内壁・天井
雨漏り跡
3
屋根
ひび割れ、劣化、はがれ
4
軒裏
  • シーリング材の破断、欠損
  • 軒裏天井の雨漏り跡
給排水管路検査
(オプション)
対象エリア

当社営業可能エリア

対象となる方

当社規定の仲介手数料をお支払いいただける個人・一般法人の売主様(宅建業者は除く)

対象物件
  • 建物面積500㎡以下かつ3階以下の築30年以内の一戸建て
    ※専用住宅に限ります ※契約不適合責任免責物件は除きます
  • 当社査定価格が1,000万円以上
媒介条件
  • 専属専任・専任媒介契約(媒介期間3ヶ月間)をご締結いただくこと
  • 当初媒介価格(売出価格)が当社査定価格の125%以内であること
利用条件
  • 当社との媒介期間中、1回のみ適用されるものとします。
  • 媒介契約締結後・売買契約前のご利用となります。
サービス概要

専門知識を持つプロの調査員が目視および計測等による非破壊検査にて詳細に確認します。検査結果は詳細なチェックシートと現場写真をわかりやすくまとめた「建物検査報告書」と「建物状況調査の結果の概要(重要事項説明用)」にて売主様にご報告します。

調査対象
  • 雨水の浸入を防止する部分
  • 給排水管の故障
  • 構造耐力上主要な部分の腐食