戻る

住友不動産分譲マンション 住み替えインタビュー

住友不動産分譲マンション 住み替えインタビュー 住友不動産分譲マンション 住み替えインタビュー

住友不動産の分譲マンションは、住友不動産販売へ 住まいの住み替えを体験されたお客様から、
満足な住み替えのためのポイントをお聞きしました。

vol.4

売主様の心に誠実に寄り添い、効果的なタイミングでの値下げにより売却成功

2019.02.27 更新

vol.4

売主様の心に誠実に寄り添い、効果的なタイミングでの値下げにより売却成功

2019.02.27 更新

戸建てのような専用庭と駐車場が付く1階住戸の間取りを一目見て気に入り、シティハウス浦和領家を購入したM.S.さん。売却時、営業担当の青木は、オープンハウスなど、多くの方に部屋を見ていただく機会を積極的につくり、効果的なタイミングを狙った値下げで、売却を成功に導きました。

シティハウス浦和領家
シティハウス浦和領家

シティハウス浦和領家

2011年築、総戸数71戸、地上15階建てで、文教地区として名高く、住宅地としても人気の集まるさいたま市浦和区のマンションです。

価格検討のための資料は、近隣の一戸建てを含む様々な事例から用意

M.S.さんは住友不動産のマンション「シティハウス浦和領家」の3LDKを新築で購入されたのですよね。

社会勉強がてら見に行ってみようか、という軽い気持ちでモデルルームを見学したのですが、ひと目見て、自分たちの生活スタイルに合うと感じました。それで営業の方にローン等の試算をしてもらったら、当時住んでいたアパートの家賃と比べても、少し頑張れば手が届くことがわかったのです。ゆくゆくは双方の両親の家に近いところに住むつもりでしたが、毎月払う金額がそれほど大きく変わらないなら、マンションを購入するほうが資産になって良いと考えました。

M.S.さんが購入されたのは1階の住戸で、南側に専用庭と専用駐車場が付く特徴的な間取りでした。約5年半の間お住まいだったとのことですが、住み心地はいかがでしたか?

リビングからテラス、専用庭までが一続きで、開放感があるのが良かったです。ここに住んでいる間に子供が生まれたので、夏になると庭にプールを出してよく遊んだものです。庭側には、建物前の道路と部屋を直接つなぐ出入り口が設置されていたので、正面玄関よりこちらをよく使っていました。専用駐車場も庭に隣接していて、部屋からすぐに車まで行くことができたんです。そんな間取りでしたので、マンションでありながら、まるで一戸建て感覚で暮らしていました。専用庭と専用駐車場が付いているのは1階住戸だけの特権でしたので、上の階に住んでいる方々に羨ましがられたほどです。実際に住んでみて、マンションは高層階のほうが良いというイメージは変わりましたね。
ただ、物件の住み心地には満足していたものの、子どもたちが大きくなるにつれ、もっと伸び伸びとした環境で育てたいという気持ちが膨らんでいきました。それで私が転職するタイミングで、マンションを売却し、妻の実家に同居させてもらいながら今後のことを考えようと思い、栃木県に移り住むことにしたのです。

弊社へのお問い合わせは、まず奥様からでしたね。ホームページから査定のご依頼をいただきましたので、すぐにお電話を差し上げました。奥様のご実家もご主人のご実家も共に私の出身地に近く、よく知っている場所なので思いがけずお話も弾み、すぐに、ご面会のお約束をさせていただきました。

実は、住友不動産販売に価格を聞いた後に、他にも数社に査定を依頼するつもりだったのです。でも青木さんは、資料をたくさん持って来てくれ、売却の流れについての説明もこれ以上はないと思うほどわかりやすかったんです。加えて、「専用庭や専用駐車場などは強みになりますが、駅から距離があるので、ここはやはりネックになると思います」などと正直に話してくれ、「この人は、誠実な人だな」と青木さんへの信頼が生まれました。そこで、他社にも、という考えは消えて、この人にお任せしようという気持ちが一気に固まりました。

実は、住友不動産販売に価格を聞いた後に、他にも数社に査定を依頼するつもりだったのです。でも青木さんは、資料をたくさん持って来てくれ、売却の流れについての説明もこれ以上はないと思うほどわかりやすかったんです。加えて、「専用庭や専用駐車場などは強みになりますが、駅から距離があるので、ここはやはりネックになると思います」などと正直に話してくれ、「この人は、誠実な人だな」と青木さんへの信頼が生まれました。そこで、他社にも、という考えは消えて、この人にお任せしようという気持ちが一気に固まりました。

その時、「青木さんだからお願いするんだからね」というお言葉をいただいたんです。売却活動中もずっと胸に刻んでいました。
シティハウス浦和領家は総戸数が71戸、築年数も当時は6年弱と築浅で、気に入って住まわれている方も多く、売却するという方が少なかったこと、また、駅から徒歩16分の立地で近隣にマンションが少ないことなどから、参考になる類似物件があまりありませんでした。そこでお邪魔した際、価格を決める判断材料として、その時に近隣で売りに出ていたマンションの売却価格の相場や過去の売買動向などをまとめた資料のほか、駅に近いマンションや近隣の一戸建ての価格など、競合し得る様々な事例の資料もお持ちしたのです。
そのうえで、購入時に近い価格をご提示しました。もちろん相場を念頭に置いてお出ししたものですが、シティハウス浦和領家でお住まいだったお部屋は、専用庭と専用駐車場が付くといった特徴的な間取りです。子育て中のファミリー層からご高齢の方まで幅広く気に入っていただける設備が整っていましたし、M.S.さんがとても綺麗にお住まいでしたから、総合的に見て良い物件だという自信がありました。ですから、是非ともこの物件に見合った価格で売却したいと思ったのです。

私たちは売却の知識も経験もないので「5年半住んだし、これくらいかな」と、購入時の価格よりもずいぶん低い価格を考えていました。でも青木さんは「もう少し価格を上げて良い物件ですよ」と言ってくれて。私たちとしては「そんなに高くていいのですか?」と思ったくらいですが、青木さんのアドバイス通り、購入時とあまり変わらない価格で出すことにしたのです。青木さんが価格設定の根拠をきちんと説明してくれたので、特に心配もなく、むしろ売れることが楽しみになってきました。

オープンハウスを行うなど、多くの方に内覧いただく機会を積極的につくる

物件は、内覧していただきさえすれば売れると信じていましたが、Web上で物件を検索する際は「駅から徒歩15分以内」「2階以上」といった条件を設定される方が多いためでしょうか、その条件から外れるこの物件は表示されないので、お問い合わせも中々いただけない状況にありました。そうなると、アプローチの方法を変える必要がありますので、Webではなくチラシに力を入れることにしました。この物件の魅力はやはり1階ならではの専用庭と専用駐車場があることですので、その点をアピールすることは勿論ですが、駅から距離があっても暮らしやすい立地だと伝わるように、小中学校や近隣のスーパーといった周辺環境の情報量を増やしました。それに物件のある浦和区領家は住宅地として人気が高く、一戸建てを希望するお客様は少なくありません。1階のこの部屋なら、そういう方々も興味を持っていただけるのではないかと考えて、ダイレクトメールを出したりしました。インターネットでのお問い合わせを待つよりも、1人でも多くの方に室内をご覧いただく機会をつくるようにしたのです。
そうしてご見学に来て下さったお客様には、住まれた時のイメージがより膨らむよう、マンションに住んでいる方の声を集めてお伝えするようにしています。こういった生の声を集めるために、普段から管理人の方とは会話を交わすようにしていますが、特に今回は分譲が住友不動産、管理会社が住友不動産建物サービスという同じ住友不動産グループの会社だったので、よりその関係が密なために、ふとしたタイミングで聞くことのできた情報もありましたね。

売却活動を始めたのは2月だったのですが、上の子の幼稚園入園に合わせて、3月末に私たちは妻の実家へ引っ越したので、家の鍵を青木さんに預けて、案内を完全に青木さんにお任せする形になりました。

M.S.さんがお引越しされてからは、他のマンションをご覧になったお客様に、こちらもご覧になりませんかと申し上げてお連れしたほか、オープンハウスを数回行いました。物件によりますが、オープンハウスはご予約いただくことなく室内をご覧になれるので、家を探しているお客様にとってはご来場の心理的なハードルが低くなると思います。
オープンハウスの日は、その物件だけに専念することになるのですが、良い物件なのでご覧いただければ決まるという一心で、お客様をお迎えしました。また、せっかくのオープンハウスを実のあるものにするために、今回は近隣にお住まいで、この物件に興味を持ちそうな方など、ターゲットを絞って告知のチラシを配布しました。
ご来場いただいた方の反応は良く、エントランスなど共用部の設えから、室内の建具など、住友不動産のマンションの質の良さはわかっていただきました。皆さん、いいね、とおっしゃってくださったのですが、駅からの距離と予算で見送るという方が大半だったのです。

今は、奥様のご実家である一戸建てで、ご両親と一緒に3世代でお住まいのM.S.さん。「青木さんと私たちは固い信頼の絆で結ばれ、売却という共通の目標に向かう1つのチームでした。」

効果的なタイミングを狙っての値下げ直後、物件にぴったりの買主様が即決

それでも、庭や駐車場など、この物件ならではの特徴に価値を感じてくださる方がいるはずと信じて、価格を下げるべきではないと思っていましたが、7月に入ったタイミングで、M.S.さんに値下げのご相談をしました。お引っ越しやそれに伴う手続きなどがあるので、学校が夏休みの間に家を探す方は多く、「下げるなら今しかない」と判断したからです。

私たちは年内に区切りをつけられればと、のんびり構えていたのですが、夏休み前がタイミングとして良いと聞いて、なるほどと思いました。価格についても青木さんのアドバイスに従って決めたところ、本当にすぐに買い手が決まりました(笑)。青木さんの読みがぴたりとはまったわけですから、さすがプロだと感心しました。下げたと言っても、下げ幅はわずか。金額には満足しています。

買主様は、移動にはもっぱら車をご利用で、駅からの距離を気にしておらず、1階かつ築浅をご希望、価格も予算内という、この物件にぴったりの方です。内覧されて即決でした。

青木さんのおかげで、本当に気持ちのよい取引ができたと思います。青木さんは責任感が強く、引っ越した後も、問い合わせがあればすぐに一報くださるなど、マメに連絡してくれたので安心感がありました。一緒に売りたいという気持ちがひしひしと伝わってきて、終始、本当に心強かったんです。私と妻、それに青木さんで1つのチームとしてがんばったという達成感すらあります。

嬉しいお言葉をありがとうございます。M.S.さんの物件の売却活動中は、学ばせていただいたことも多く、例えば、購入希望のお客様に、その物件での暮らしをイメージしていただくことの大切さに気づけたことは、私にとって大きな糧です。M.S.さんの物件を担当したあとは、物件周辺の利便施設をまとめた資料をつくるようになりました。貴重な学びを活かし、売主様、買主様、双方のお気持ちに寄り添い、信頼を寄せていただけるよう今後も尽力してまいります。

今回のワンポイント

M.S.さん:
しっかりと説明してくれる責任感の強さ、切り出しにくいことも話してくれる誠実さ、プロの視点を感じるアドバイスなど、青木さんへの信頼は初めてお会いした時からずっと揺らぐことがありませんでした。全幅の信頼を寄せられる営業の方と出会えたことが、大満足の売却となった最大の理由だと思っています。

青木:
築年数の浅いマンションでは買主様も分譲時の価格を気にされるので、価格を低めに設定すれば売れやすくなる傾向はあります。しかし、価格を抑えて売却活動を始める必要があるのか、その見極めは物件によって異なります。売却活動の途中で価格を下げる際も、タイミングを読み違えると効果がない場合がありますから、その見極めがとても重要です。売却活動では常に、売主様も買主様も納得のお取引となるよう、充分なご説明を心掛けています。

My Favorite

今は、約20年前に建てられた妻の実家に両親と同居しています。両親は孫と一緒に生活できることを喜んでくれています。私たちにとっても家族が増えたことは何にも代え難く、子どもたちは見守ってくれる人が増えて、伸び伸びと暮らしています。

玄関先に植えてあるシャラの木は、この家が建った20年ほど前に妻の祖父母の家から移植したもの。初夏には白い花をたくさん咲かせます。祖母から私たちの子どもへ、4世代をつないでいます。

営業担当者プロフィール

住友不動産販売 さいたま新都心営業センター 青木 大輔
得意エリアさいたま市全域
得意沿線JR京浜東北線、JR埼京線、JR高崎線、JR宇都宮線
趣味B級グルメ
コメントお客様それぞれの不動産売買のご事情に合わせたご提案を常に心掛け、より良い条件での売買はもとより、安心してお取引いただくことを念頭に、日々業務に勤しんでおります。
1件1件の各物件について、あらゆる手段を尽くし、お客様から感謝される担当でいられるよう、これからも頑張ってまいります。
得意エリアさいたま市全域
得意沿線JR京浜東北線、JR埼京線、JR高崎線、JR宇都宮線
趣味B級グルメ
コメントお客様それぞれの不動産売買のご事情に合わせたご提案を常に心掛け、より良い条件での売買はもとより、安心してお取引いただくことを念頭に、日々業務に勤しんでおります。
1件1件の各物件について、あらゆる手段を尽くし、お客様から感謝される担当でいられるよう、これからも頑張ってまいります。

マンション紹介

シティハウス浦和領家
シティハウス浦和領家
シティハウス浦和領家
所在地埼玉県さいたま市浦和区領家3丁目19-9
交通JR京浜東北線「北浦和」駅 徒歩16分
築年月2011年08月
総戸数71戸
詳しくはこちら
所在地埼玉県さいたま市浦和区領家3丁目19-9
交通JR京浜東北線「北浦和」駅 徒歩16分
築年月2011年08月
総戸数71戸
詳しくはこちら