戻る

不動産コラム

不動産コラム

中古住宅に関することから、マクロ経済に至るまで、
皆様のお役にたつ情報を経済的な観点でレポートします。

中古住宅に関することから、マクロ経済に至るまで、皆様のお役にたつ情報を経済的な観点でレポートします。

【STEPONニュース(無料)】
最新の市況をメールでお届けします!

不動産取引に役立つ、最新の市況や役立つ情報をいち早くメールでお知らせします。

【vol.198】 2020年 首都圏 不動産流通市場動向及び新築マンション供給戸数

Ⅰ.2020年 首都圏・不動産流通市場動向


東日本不動産流通機構によると首都圏の中古市場は、成約件数は中古マンションが減少しましたが、中古戸建、土地は増加しています。成約価格は戸建・土地が下落しましたが、マンションの成約価格は8年連続上昇しています。


① 中古マンション、成約件数が減少も、成約価格は8年連続の上昇
20年の首都圏中古マンションの成約件数は、35,825件(前年比▲6.0%)と減少しています。成約価格は、3,599万円(同+4.6%)と8年連続上昇しました。
202102_01.gif


② 中古戸建、成約件数が2年連続で増加
中古戸建の成約件数は13,348件(前年比+2.4%)で、2年連続で増加しました。成約価格は3,110万円(同+0.2%)と2年連続で下落しています。
202102_02.gif


③ 土地の成約件数、2年連続で減少
土地の成約件数は5,828件(前年比+0.02%)でほぼ横ばいながら増加しました。2017年より4年連続、5,900件付近で推移しています。成約価格は2,810万円(同▲3.0%)で2年連続下落しています。
202102_03.gif
出所:(公財)東日本不動産流通機構 「マーケットウォッチ」


Ⅱ.2020年 首都圏 新築マンション市場動向



① 首都圏の供給戸数、1992年以来の3万戸割れ
2020年の首都圏供給戸数は2万7,228戸(▲12.8%)で92年以来の3万戸割れとなりました。平均価格は6,083万円(+1.7%)と90年以来となる6,000万円台に。高値が継続しています。
首都圏の21年の供給予測は3.2万戸(20年比+17.5%)で、再び3万戸台に回復すると見込まれています。
202102_04.gif


② 首都圏の販売在庫数が減少
平均契約率は66.0%(前年比+3.4ポイント)と2年連続上昇しましたが、好調ラインの70%を5年連続で下回りました。販売在庫数は12月末現在で8,905戸(同▲2.1%)と減少しています。
202102_05.gif
出所:不動産経済研究所

バックナンバー

査定依頼・売却相談はこちら(無料)

売却専用
フリーダイヤル

0120-566-742

年中無休24時間受付

不動産査定
不動産売却

広告戦略からアフターフォローまで
マンツーマン営業体制

お問い合わせ時から、買主募集の広告戦略、ご契約、お引き渡し、アフターフォローまで、一貫した「マンツーマンの営業体制」により、お取引を責任を持って担当します。

地域に密着した営業ネットワーク
全国270店舗

全国に広がる270店舗の地元に精通した営業担当者だからこそ、地域に密着したお取引を行うことが可能です。
※2021年4月1日時点

多彩なメディアを活用した
広告ネットワーク

チラシや新聞折込広告の他、自社サイトや各種提携サイト※へ物件広告を行います。
※物件により掲載条件があります。

不動産売却

広告戦略からアフターフォローまで
マンツーマン営業体制

お問い合わせ時から、買主募集の広告戦略、ご契約、お引き渡し、アフターフォローまで、一貫した「マンツーマンの営業体制」により、お取引を責任を持ってご担当します。

地域に密着した営業ネットワーク
全国270店舗

全国に広がる270店舗の地元に精通した営業担当者だからこそ、地域に密着したお取引を行うことが可能です。
※2021年4月1日時点

多彩なメディアを活用した
広告ネットワーク

チラシや新聞折込広告の他、自社サイトや各種提携サイト※へ物件広告を行います。
※物件により掲載条件があります。

【STEPONニュース(無料)】
最新の市況をメールでお届けします!

不動産取引に役立つ、最新の市況や役立つ情報をいち早くメールでお知らせします。

市況・動向

この記事の更新情報をメルマガでお知らせ!住友不動産販売の住まいのメールマガジン会員募集中です。住まい探しのお悩みを解決!詳しくはこちら

TOPへ戻る